日焼け止めの選び方まとめ 夏にシミ・そばかすを作らず美白対策!

日焼け止めの選び方まとめ 夏にシミ・そばかすを作らず美白対策!

お盆休みで海に行かれている方も多いハズ。「夏は焼けるのが当然!」なんて肌を太陽にさらしていると、シミやそばかすのもとに…しっかり日焼け止めを塗っておきたいところですが、日焼け止めの正しい選び方がわからない人も多いはず。そこで日焼け止めの選び方から美白対策までピックアップしました。

日焼け止めの正しい選び方とは?

春の紫外線の量は真夏とほぼ同じ! 失敗しない日焼け止めの選び方はコレ気候が暖かくなってくると、気になるのが紫外線。「まだ日差しもそんなにキツくないから大丈夫」と油断していると、後々大変なことになるかも。 春の日差しはやわらかですが、実は夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいます。特に曇りでも要注意なUVAは今の時期から急激に増え、真夏とほぼ同等に。後になって慌てないためにも、春の紫外線対策は万全にしておきましょう。■春の日焼け止めは保湿重視寒く乾燥した冬を越した肌は、バリア機能が弱まりダメージを受けやすくなっています。さらに春は、気候の変化などで肌が不安定になりやすい時期。日焼け止めは、そんな肌をうるおしてくれる保湿力の高いものを選びましょう。おすすめは…
知っているようで知らない、日焼け止めのあれこれこれから暖かい季節になってきて、紫外線対策を本格的に行う季節になってきます。紫外線は、女性美にとって大敵となるシミなどを増やす原因になります。ひと言で「日焼け止め」といっても、種類は様々。今回は、日焼け止めのあれこれをご紹介いたします。■日焼け止めは大きく分けて2種類日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2タイプがあります。【紫外線吸収剤】紫外線を肌に吸収して、化学反応により熱などのエネルギーに変換してブロックするタイプ。肌への負担が比較的大きく、お肌が弱い方は炎症が起こることがあります。SPF50など高い数値のものに多く使用されています。【紫外線吸収剤に含まれている主な成分】メトキシケイ…
うっかり日焼けで後悔! なんてことのないように、紫外線対策講座春頃から徐々に紫外線の量が増えてきていますが、紫外線対策はしっかりしていますか? 紫外線の蓄積は光老化、つまり色素沈着やシワ等の原因となります。皮膚の老化原因の約8割はこの光老化と考えられていますが、言い換えれば紫外線対策をしっかりと行うことで、この8割の皮膚の老化を防ぐことができるんです。紫外線が与える肌へのダメージについて改めておさらいし、しっかりと紫外線対策を行いましょう。■紫外線はUV-AとUV-Bの2種類UV-Bはエネルギーが強く、皮膚の表面に影響を与えるという性質があります。日焼け後に赤く腫れたり、色素の沈着を起こしたり、シミの原因となるのがUV-B。もし日焼けしてしまったら、まず…
実は手遅れ?意外と知らない本気の紫外線ケアと選び方寒い時期も抜けて、ようやくやってきた暖かい時期!いよいよアウトドアやお出かけが楽しくなるシーズンに突入です!同時に日差しも気になり、日焼け止めもかかせませんね。メイクもいいけど、あなたのUVケア、実は知識が浅いかも!?自分磨きと一緒に、すぐに見た目磨きも始めましょう♪■紫外線対策は5月がMAX日中のUVケアの大切さは今となっては普通になりましたが、『日差しが強い日=UVケア』というイメージは、まだまだなくならないようです。実は、日差しが強くなってからの日焼け止めは手遅れ!1年を通して実は、5月は一番肌が日差しの影響を受けていることを知っていましたか?日差しの強さを感じてケアすることは、肌表面に…

日焼け止めをしっかり塗る方法や塗り忘れがちなパーツ

初夏が一番危険! 「うっかり日焼け」をしやすいポイント3つ5月には真夏並みになるといわれる紫外線量。なのに、今の時期「UV効果のある下地を顔にサッと塗るだけ」という人も多いのでは? UV対策は顔だけではダメ。見落としがちな「うっかりポイント」に注意! ■日傘では防げない!? 首や顎の下紫外線は、空から降り注いでくるだけではありません。気をつけなければいけないのが地面からの反射。下から反射する紫外線は、帽子や日傘で防ぐことはできません。特に、コンクリート舗装された道路や、白く塗装された場所は、反射率も高いため注意が必要です。「普段日傘でカバーしているはずなのに日焼けしてしまった」という場合は、この反射が原因になっていることが多いのです。日傘や帽子を使用…
ちゃんと対策できている? 女性たちの「うっかり日焼けエピソード」10暖かくなってくると、気になってくるのが紫外線。きちんとケアをしているつもりでも、いつのまにか日焼けをしていた……なんて経験はありませんか?そこで今回は、女性のみなさんに「うっかり日焼けの経験」について聞いてみました。■油断しがち!「背中」の日焼け・「日焼け止めを腕や足、顔には塗ったのに背中を塗り忘れ、海からあがったときに背中がヒリヒリして痛かった」(30歳/小売店/販売職・サービス系)・「20歳ごろ海で泳いだのですが、日焼け止めを適当に背中にぼんっと塗ったら手の形が日焼け跡で残ってしまいました」(32歳/その他)・「中学生のときプールで日焼け止めクリームを塗らなかったら、背中がむけるほど焼けて…
日焼けは目から!? スキンケアにプラスしたい紫外線対策のポイント2つ【相談者:20代女性】20代と言ってもギリギリ、30目前のアラサーです。30を目前にシミやシワが気になるようになり、紫外線対策はどのくらい徹底すればシミを予防することができるのか知りたいです。毎朝、日焼け止め(威力は弱めを使っています)を塗り始めましたが、これでいいのか不安です……。シミはできてからでは遅いし、日々のケアが大切だと聞きますが、どんなケアが1番効果的ですか?●A. 日焼け止めだけじゃNG! スキンケアより○○ケアが重要!紫外線のご相談、待っていました!ご相談くださりありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。実は、『トレンド総研』が30~59歳の女性600名を対象…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連ビューティまとめ

新着まとめ

人気ビューティまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.