幼稚園 ママ友に関するまとめ

幼稚園 ママ友に関するまとめ

幼稚園 ママ友について知りたい方のためのまとめです。幼稚園 ママ友トラブル、についてお伝えします。

幼稚園 ママ友についての記事

子どもが主役の幼稚園。ママ友は“友”ではなく「仲間」感覚が正解!子どもが赤ちゃんのとき、基本的に気の合うママ同士が集まって、「ママ友」としてお付き合いをしていたと思います。子どもの友達付き合いは、大人同士のお付き合いの延長にありました。しかし、幼稚園での友達付き合いは、子どもが主体になります。ここでママ同士が「ママ友」として連携が取れていると、子どもの幼稚園生活を円滑に回していきやすくなりますよ!ママ同士助け合える子どもを育てていると、日々の生活は小さなトラブルや悩みでいっぱいです。例えば、自分が体調を崩してしまって、幼稚園への送迎ができない。大事な用事があるけれど、延長保育が使えない。子どもの様子が気になるから、経験者のアドバイスが欲しい…。旦那さんやお…
幼稚園のママ友、適度な付き合い方は? 大変だと感じること6選子ども同士の付き合いで、ママ友とも付き合いが必要になるときはありますよね。ママ友社会は独特なルールが存在し、いろいろと付き合いも大変? 今回はそんな気になるママ友事情についてまとめてみました。幼稚園のママ友との大変な付き合いとはママ友の付き合い方とは学生時代からの友人や、気心知れた仲間との関係とは異なり、ママ友との友人関係の基本は「子どもが主役」のお付き合い。そのため、今までの友達付き合いの仕方ではうまくいかないケースも……。ママ友間で起こりがちなトラブルについてまとめました。身だしなみにいちいち気を使わなければいけない毎日の保育園や幼稚園の送迎時などで、意外と高頻度でチェックされているのがマ…
【バス停のママ友問題】幼稚園バスのバス停にいる「キャラの濃いママ」たち出典:この春から、お子さんが幼稚園や保育園、小学校などの新しい環境で生活がスタートしたというママたちは、3ヵ月が経ち、ようやくその生活のリズムがつかめてきた頃ではないでしょうか。筆者も、春から娘が幼稚園デビューを果たしましたが、ようやくペースができてきたところです。そこで今日は筆者が入園前には予想していなかったことについてお話しします。先輩ママから聞いた「バス通園のママ友問題」筆者の娘は、幼稚園までは園バスで通っています。実は、この“バス通園”は、幼稚園生活がスタートする前の一番の悩みでした。というのも、「バス停のママ友問題」について、先輩ママからネガティブな情報ばかりを聞かされていたからなん…
引っ込み思案の原因は?保育園・幼稚園で「無理なくママ友を作る方法」出典:新学年が始まって、まもなく1ケ月。子どもたちは子どもの世界を、そして、ママたちはママの世界を広げている最中です。母子ともにうまくその輪を広げていけるといいのですが、なかには人付き合いが苦手な子、苦手なママもいますよね。今日は、引っ込み思案ママの心理にフォーカスし、無理のない交友範囲の広げ方についてお伝えしていきます。引っ込み思案ママの悩み人見知り、恥ずかしがり屋、引っ込み思案……そんなママにとって、4月、5月はストレスが溜まる時期でもあります。「また新たな人間関係が始まる~」と身構えてしまうからです。しかし、内心ではこんな思いもあります。・初めて子どもが保育園や幼稚園に行ったから、ママ友…
変な先入観持ってない?保育園や幼稚園で「良いママ友」を作る3つのコミュニケーション術HTeam / Shutterstock気がつけばもう3月。子どもの保育園・幼稚園の入園は目前!はじめての子どもの入園となると、親としてもドキドキですよね。子どもがうまくやっていけるかという心配はもちろん、ママとしても親しい友だち(ママ友)ができるかどうか、あるいはママ友トラブルなんかに巻き込まれないか、密かに不安に思っているという方も多いのでは?というわけで今回は、コミュニケーションライターの筆者が、「ママ友作りのメリットと、保育園や幼稚園で良いママ友を作るコツ」についてお伝えします。 ママ友って必要?ママ友作りのメリット3つママ友トラブル、ママ友いじめ、ママカースト……、ママ友に…
触れない方がベター!幼稚園ママ友間のトラブルになる「NG話題」4選9月に入り、幼稚園の説明会や願書配布の時期が近づいてきましたね。わが子の入園が楽しみである一方、保護者同士のお付き合いに不安を感じているママも多いのでは?日本法規情報株式会社が行ったママ友間に対する意識調査によると、5人に1人が「ママ友と何らかのトラブルで悩んだことがある」ということが判明しました。意外と少ない!?と感じましたが、インターネットの掲示板などを見ていると、実際ママ友との関係に悩んでいるママはもっともっと多いはず。幼稚園での“ママ友関係”はどのようにしていくのが良いのでしょうか。 ■距離感の難しい「幼稚園」のママ関係ママ友は自分の古くからの友人とは違う、深入りしない方が無…
仕事モード禁止! 休業中の主婦が「幼稚園のママ友」と付き合うコツ5つ【ママからのご相談】初めまして。近所の幼稚園の教育方針に惚れ込んで、息子を通わせることにしました。赤ちゃんのころからお世話になってきた保育園を退園し、この春晴れて、年少組からスタートです。私はプロダクトデザイナーの仕事をしており、独身のころから長年、大手家電メーカーに勤務していますが、子どもは1人と決めていることもあり、息子が幼稚園に通う3年間は仕事を休職し、期間限定で専業主婦になることに決めました。初めての専業主婦生活と幼稚園ライフということで、楽しみな半面不安もたくさんあります。ネットではママ友トラブルの話題が尽きることは無いし、今までほとんど親同士の交流がない保育園に居たので、園の雰囲気…
登園時間が決め手? 幼稚園で使える「ママ友作り」のコツ3つ【ママからのご相談】4月から息子が幼稚園に入ります。母である私もママ友たちとうまくやっていけるか不安なのですが、仲良くなるポイントはあるでしょうか?●A. ママたちの体験談をもとに、アドバイスをご紹介します。こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターのmomoです。初めての園生活、期待と不安で胸いっぱいのことと思います。今回は実際に幼稚園に通う子どものママたちにお話を聞いてきましたのでご紹介します。●ママ友を作るためのコツ3つ●(1)あいさつは迷わずに自分から・『朝の「おはよう」、帰りの「さようなら」はとても大事。笑顔で元気にあいさつをすることが大切』(4歳、2歳女の子のママ)・『イ…

幼稚園 ママ友トラブルについての記事

ママ友トラブルは園バス停で起こってる!? 知っておきたい「幼稚園の送り迎え事情」お子さんの幼稚園選びで重視したい点として、園の方針や先生の雰囲気、清潔さ、設備、延長保育などがありますが、その中でも意外と大切なポイントの1つとなるのが、通園手段ですね。行きたい幼稚園が徒歩圏内であれば良いのですが、そうでない場合や下の子がいる場合など、毎日の送り迎えを園バスにお願いできるのは、やはり安心です。ですが、時々聞かれるのは、園バス停でのママ友トラブル。これから幼稚園選びをする親御さんにとっては、ちょっと気になるトピックですよね。今回は現在、都内で4歳~小学6年生の3人を子育て中の著者が、今まで見聞きしてきた“園バスでのママ友事情”をご紹介します。 ■幼稚園の送り迎え事情っ…

ママ友との実話についての記事

ママ友相手にめんどくさい自虐トークを…! アラフォーママの「老い」あるある【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第7話】わたしは現在36歳、今年37歳になります。気が付いたらすっかり、アラフォーと呼ばれる年代にさしかかっているお年頃でございます。最近だんだん意識し始めたのが「老い」なのです…。では、どうぞ!!いつの間にか増えた白髪に、シミ、しわ、たるみ。生活に疲れてる感じが顔に出ちゃうんですよね!!(笑)そして、これはなぜかついやってしまうのですが、周囲の平成生まれの若いママに、ついつい昭和の話を(自虐的に)披露してしまうのです!!(わたし黒船見たことあるし!! ドヤァ!! みたいなヤツです(笑))若いママたちは「へぇ~~」と興味深げに聞いてくれるけど、たぶん「へぇ~~」としか、言えないんだと思う…。ご、ごめん…
乗せても乗ってもモヤっとする「ママ友との車トラブル」あるある4証言子育て中は、車があると何かと便利。でも、意外と多いのが、車をめぐるママ友トラブルです。ママによって車や免許の有無は異なるため、車のあるママがそうではない親子を一緒に乗せてでかける…なんてこともありますよね。そんな時、車有りママも車なしママも、モヤッとするシーンに遭遇することがあるようです。■証言その1「うちの車ばかりあてにされても困る…」「子どもの習いごとの送迎を車でしています。ある時、天気が悪かったので同じ習いごとのお友だち親子を車で送って行ったら、それ以来、当然のようにうちの車に乗って帰るように。正直、負担になっています…」(30代・4歳の男の子ママ)たまにならともかく、毎回車での送迎をあ…
新米ママが直面する「ママ友界の独特なルール」【コソダテフルな毎日 第30話】こんにちは。コソダテフルな毎日のちゅいママです。長男小3・次男年長・三男年少の3兄弟の母です。毎日大変ですが、辛いことこそ笑いに変えて頑張ってます(白目)!!■「ママと赤ちゃん」が集まる空間は独特長男の子育てが少し軌道に乗ってきた頃(6か月ぐらい)、子育て支援センターに遊びに行くことにしました。長男は11月生まれでしたので、寒い時期を家で引きこもって子育てし、あたたかくなった頃にようやく下界へ出始めたんですね。転勤先で出産・子育てし知り合いも友人もまったくいない環境で、私と長男二人だけの生活をするよりも、他の赤ちゃんと触れあえる場所に行ったほうがこの子のためにもいいんじゃないかと思ったのです。…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.