コープ共済のメリット・デメリットは?各コースの評判・口コミも紹介

「コープ共済にはどんなデメリットがあるの?」
「コープ共済の評判・口コミを知っておきたい」

このように思っている方が多いと思います。

保険には保険の、共済には共済ならではのメリット・デメリットがあります。
また、コープ共済以外の県民共済、JA共済など共済同士でもそれぞれ特徴がありますので、どの保険に入るか決めるにはコープ共済についてよく知っておく必要がありますよね。

そこで、ここでは
  • コープ共済とはどんな保険なのか 
  • コープ共済の特徴と民間の保険との違い 
  • コープ共済の各プランのおすすめな人について紹介 
  • コープ共済のメリットとデメリットについて 
以上の内容を中心に解説しています。

この記事を読むことでコープ共済への知識が深まることに繋がります。
その上でコープ共済への加入について判断が付きやすくなるので、ぜひご一読ください。 

コープ共済の特徴は?民間の保険との違いは何?


コープ共済とは、非営利で運営している組織であり、組合員の掛け金で互いを助け合い保障を行うような形を取っています。
民間の保険には加入者同士の助け合いという観点が無いので、この点が根本的に異なります。

さらに、コープ共済に加入するには生協の組合員であることが必要で、誰もが加入できるわけではないという点も民間の保険と異なる点です。

また、非営利組織ということもあり、資金の運用も国債と外国債の委託運用などリスクの少ないような方法を行うなど堅実な運用を行っています。 

そして、決算で剰余金が出た場合には、組合員に割戻金があるというのも民間の保険とは違っている点です。
コープ共済と民間の保険の違いまとめ

・コープ共済は非営利で運営されている

・コープ共済の資金運用はリスクの低い方法で行われている

・コープ共済は利益剰余金が出た場合、加入者に割戻金が配られる

コープ共済と民間の保険はいつくか違う点がありますが、告知は民間の保険と同様にコープ共済も必要となる点は要注意です。


コープ共済の公式サイトはこちら

コープ共済の口コミ・評判は?

※クラウドワークスで調査

掛け金が安い上に保障もしっかりしている

民間の保険しか見ていなかったのですが、知人に言われてコープ共済も視野にいれて検討した結果コープ共済を選びました。掛け金が安い上に保障もしっかりしているが契約に踏み切った理由です。

コース別に分かれていてわかりやすい

自分は保険に明るくないので、コープ共済のようにコース別に分かれていて保障が分かりやすいのがありがたいです。無駄な保障をつけることなくそれでいて幅広い範囲を保証してくれるので心強いです。

コープ共済にはどんな種類があるの?主なものをご紹介


コープ共済には、どのような種類の商品の取り扱いがあるのでしょうか。
主な商品としては幅広い年齢に対応した「たすけあい生命保障の付いた「あいぷらす」が有名です。 

 ほかにも、満65歳~満70歳まで加入できる「プラチナ85」や終身保障の付いた「ずっとあい」という、コープ共済は掛け捨て型の共済の中でも不足されていた商品が追加されています。 

ここでは、コープ共済の中でもよく知られている「たすけあい」と「あいぷらす」について解説します。 
POINT
コープ共済の「たすけあい」と「あいぷらす」の違いを簡単に表すと以下のようになります。
「たすけあい」と「あいぷらす」の違い

たすけあい:医療保障中心で個人賠償責任特約を付けられる

あいぷらす:死亡保障をつけることができ、医療保障もつけることが可能

コープ共済「たすけあい」

コープ共済「たすけあい」について紹介します。
「たすけあい」は「ジュニア20コース」「女性コース」「医療コース」「スタンダードコース」の4種類です。 

「ベーシックコース」は「たすけあい」の中で最も医療と死亡の保障のバランスが取れているコースです。
年齢対象は0歳~満54歳で掛金は3,000円と4,000円のコースがあります。 

「ジュニア20コース」は0歳~19歳まで加入できるコースです。

掛金には1,000円・1,900円・2,000円の3タイプが用意されており、保険対象が子どもということもあって掛金が安いのが特徴です。 
「ジュニア20」の保障内容としては、病院やケガの入院に対して1日から最長で360日支給の対象になっています。 

「女性コース」は女性専用の保障で女性がかかりやすい病気が保障対象になっているという特徴があり、加入対象は満18歳~満64歳となっています。
掛金は2,000円・3,000円・4,000円のコースがあります。

 「医療コース」は医療保障に特化させたい人に向いているコースです。
0歳~満64歳が加入対象で、掛金は1,000円・2,000円・4,000円です。
 

それぞれ特徴のある保険なので、自分が必要としている保障を見極めて加入すると良いでしょう。
POINT
それぞれのコースとおすすめな人を以下でまとめましたので、参考にしてみてください。
コース名おすすめな人
ジュニア20コース子供の手軽な医療保障と個人賠償責任保障が欲しい人向け
医療コース手厚い医療保障と一緒に個人賠償責任保障が欲しい人向け
女性コース女性特有の疾病の保障を特に手厚くしたい人向け
ベーシックコース医療保障に加え、葬式代程度の死亡保障が欲しい人向け

コープ共済「あいぷらす」

「あいぷらす」は生命保障に入院特約と新ガン特約が追加できるという特徴を持った保障で、満18歳~60歳まで加入できるプランと満60歳~70歳まで加入できるプランがあります。 

あいぷらすで選べる死亡保障

300万円、500万円、1,000万円、1500万円、2,000万円、2,500万円、3,000万円

入院特約の詳細

保障内容プラン①プラン②
病気や事故での入院
(180日目まで保障)
日額5,000円日額10,000円
長期入院
(270日以上の入院)
30万円60万円
手術給付金5万円or10万円or20万円10万円or20万円or40万円


新がん特約の詳細

保障内容保障金額
がん治療共済金100万円or200万円
がん入院共済金日額10,000円
がん手術共済金10万円or20万円or40万円
がん退院共済金10万円
がん通院共済金日額5,000円

あいぷらすは解約返戻金がないので、民間の死亡保険よりも安い掛け金で加入できる可能性があります。

例として保険料の安さで有名なアクサダイレクトの定期保険とコープ共済の実質保険料を
30歳 保険期間10年、保険金1,000万円
という条件で比較してみます。

月々の保険料・掛け金
アクサダイレクトの定期保険:1,050円
コープ共済 あいぷらす:1,200円

これだけ見ると、アクサダイレクトの定期保険の方が保険料が安いですが、あいぷらすを4年目に解約した場合、9,200円の解約返戻金が戻ってきます。

そのため、そちらを考慮するとコープ共済の実質保険料は1,008円になり、アクサダイレクトの定期保険よりお得になります。

それぞれのプランのおすすめな人は?


コープ共済には、いろいろなタイプの保障が用意されています。
その中でも特徴の際立っているプランがあります。 

「たすけあい女性コース」「たすけあいジュニア20」「あいぷらす」のプランは、それぞれ民間の保険よりも優れている特徴を持っています。 

「たすけあい女性コース」は妊娠中や女性がなりやすい病気に対して保障しており、「たすけあいジュニア20」は子どものケガや長期入院などの保障が手厚くなっています。 

「あいぷらす」は期間限定で掛金の支払いを抑えたい人に向いている保障です。 
ここでは、それぞれのプランについて取り上げます。 

妊婦の方、帝王切開の心配のある方におすすめの「たすけあい女性コース」

出産は命にかかわる場合があるので万が一のことを考えて保険に加入しておきたいと考える人も居るのではないでしょうか。
 
ですが、保険によっては妊娠しているということを理由に保険を断られる場合がありますが、たすけあい「女性コース」は妊娠中の女性を対象とした保障があります。 

この保障は、帝王切開にも対応しているので妊娠中の女性には心強い内容になっています。 

帝王切開は、正常分娩に手術費用が加算されるので10万ほど費用がかかってしまいますが、この「たすけあい女性コース」に加入しておくと帝王切開で出産した場合に保障対象となるので加算分の費用を賄うことができます。 

帝王切開だけでなく、出産は切迫早産などのような合併症といったトラブルが引き起こされる場合もあります。
そういった出産に関する合併症も保障対象です。 

しかも妊娠中だけでなく、子宮がんや卵巣がん、多くの女性が発症しやすい子宮筋腫など女性特有の病気も対象となっています。 

さらに、膀胱炎や乳がん、慢性関節リウマチといった女性がなりやすい病気にも保障対象となっているので、この「たすけあい女性コース」は女性にとって心強い保障といえるでしょう。 

ケガの多い子供におすすめの「たすけあいジュニア20コース」

コープ共済の加入している子供の共済金の中で、ケガの通院が72.7%と高い割合を占めています。 

コープ共済の中には、子どもが加入できる保障は「たすけあいスタンダードコース」など何種類かありますが、その中でも「たすけあいジュニア20」は子どもが対象の保障で、掛金が低額にもかかわらず通院1日目から保障されます。 

さらに、入院も1日目から保障となっています。
子どもの入院は平均日数は10日以下ですが、病気によっては長期間の入院生活を送る場合があります。 

「たすけあいジュニア20」では、そういった長期入院に対応できるように最長で360日間保証期間が設けられています。 

万が一の子どものケガの通院や長期の入院を考えると加入しておくと安心できる保障です。 

期間限定で割安な保険料を希望する方には「あいぷらす」

終身タイプではなく、10年間以内の期間限定で割安の掛金を希望する人には「あいぷらす」に加入すると良いでしょう。
 

「あいぷらす」は定期保険なのに解約返戻金があるので、先ほどシミュレーションした通り民間の定期保険よりも実質の保険料が安くなる可能性があります。

また、入院特約や新ガン特約といった特約も追加できるということを把握しておきましょう。
この保障は、がんで入院した場合は新ガン特約を付けておくと1日あたり10,000円の共済金が支給されますが、日数の制限が無いので安心して入院生活を送れます。 

20日以上入院して退院した場合に、がん退院共済金20万円の支給対象となります。 
しかも、喫煙者でも掛金の金額は変わらないので、喫煙者の方も気兼ねなく加入できる保障です。

それぞれのコースの口コミや評判は?


ここまでコープ共済の保障「たすけあい女性コース」「たすけあいジュニア20」「あいぷらす」について解説してきました。
 

では、実際にそれぞれの保障を利用している人たちはどんな口コミをおこなっているのでしょうか。 

それらの口コミを知ることで保障の評判も併せて理解することができます。
実際に保障を利用している人たちの口コミと評判を知ることで保障の本質が見えてきます。 

ここでは、それぞれの保障の口コミと評判を紹介します。 

妊娠中の女性向けの「たすけあい女性コース」の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

妊娠してからでも加入できるのはうれしかったです。

妊娠前に医療保険に加入していなかったので妊娠発覚後かなり焦りました。でもコープ共済は妊娠してからでも加入できたのでうれしかったです。

子供におすすめの「たすけあいジュニア20コース」の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

掛け金が安いのでお守りとして加入しています。

自分と妻の保障は手厚いのですが子供への保障が手薄だったので加入しました。掛け金が安いのでお守りとして加入しています。

割安な保険料の「あいぷらす」の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

幅広いリスクに割安な掛け金で備えられるので満足です

これだけ掛け金がやすいのに、入院や死亡時など幅広いリスクに備えられるので満足しています。不安だったがんへの保障もあったので加入を決めました。

コープ共済のメリットとデメリットは?


コープ共済は多くの組合員が利用している保障ですが、ここで改めて保障のメリットとデメリットについて解説します。 

メリットとしては
  • 掛金の安さ 
  • 保障対象になる入院日数が長い 
  • 過剰金が出た場合は返金がある 
といったものが上げられます。 

デメリットとしては 
  • 保障対象が狭い
  • 審査が厳しい
  • 切り替えの難しさ
といった点です。

このメリットとデメリットを踏まえた上で、コープ共済への加入を検討すると良いでしょう。 

コープ共済に加入するメリット

コープ共済は非営利組織が運用しているということもあり、加入している組合員の利益が優先されるようなシステムになっています。

  • 掛金が年齢に左右されない
  • 非営利組織なので掛金が安い 
  • 入院日数が長期間対応になっている 
  • 過剰金が出た場合は返金される 
  • コープ共済連が運営しているので母体がしっかりしている 
  • 保険の相談が買い物に行った時など気軽にできる
     
以上が、コープ共済のメリットです。

コープ共済の保障は加入している組合員が安心して利用できるように掛金が安くなっていたり、入院日数が長期間対応できるようになっています。 

また、共済は保険と違ってセーフティーネットがないので倒産してしまった場合の保障がありません。
 

しかし、コープ共済は母体がしっかりとしているので倒産の心配をする必要がないので安心して加入できます。 

コープ共済に加入するデメリット

コープ共済は掛金の安さなど加入者にとって良いメリットが多くあります。

それでは、デメリットがどのようなものがあるのでしょうか。
  • 保障対象が少ない
  • 審査が厳しい
  • 保障の期限が終了した際の切り替えの難しさ 
以上が考えられるデメリットになります。

コープ共済は掛金の安さがメリットの保障ですが、保障の対象となるケガや病気の範囲が狭いという特徴があります。 

保障の範囲の狭さもありますが、審査も厳しいので利用しようと問い合わせでも該当しないと判断されると支給されなかったという利用者もいます。 

ほかにも、「ずっとあい」のような終身タイプのコースに加入していない場合などは保障の期限という物があります。 
期限を過ぎて、いざ新しい保障に入ろうとしてもその際に掛金が上がっているという場合が出てきてしまいます。 

コープ共済をおすすめできる人、おすすめできない人は?


コープ共済の加入をおすすめできる人とできない人とは、どのような違いがあるのでしょうか。
 
基準となるのは、加入を検討している人のライフスタイルや保障に対してどのような物を求めているかという点があげられます。 

掛金を安く抑えたいと考えていたり、保障と併せて貯蓄も考えている人などでは共済にむいているかどうかも変わってきます。 
そういった点を判断基準すると自分が、コープ共済に加入した方が良いか止めた方が良いのか判断が付きやすくなります。 

コープ共済への加入がおすすめな人

コープ共済の加入にはどのような人が加入すると良いのでしょうか。

ここではコープ共済の加入がおすすめな人を紹介します。 
  • 家計の負担を少なくしたい人 
  • 自分の入っている保険に保障の追加を行いたい人 
  • 入院日数を長めに保障対象にしたい人 
  • 保険が掛け捨てで良いと思っている人
     
以上のような人が、コープ共済に向いています。

基本的にコープ共済の保障は貯蓄型ではなく掛け捨て型です。 

掛金も少なくて済むので保障の金額を抑えたい人や、既に加入している保険に不足を感じる分を補うために加入したい人にも向いています。 

また、コープ共済は民間の保険よりも保障される入院日数が長めに設定されているので、入院日数が気になる人や長めに設定したい人などにもおすすめの商品といえます。 

コープ共済への加入がおすすめできない人

それでは、コープ共済の加入におすすめできない人というのはどんなタイプの人なのでしょうか。

ここでは、コープ共済の加入におすすめできない人を紹介します。
  • 充実した保障が欲しい人 
  • 保障に貯蓄を求めている人 
  • 保障を自分に合った内容にカスタマイズがしたい人
     
以上がコープ共済の加入におすすめできない人です。

コープ共済は貯蓄型ではないのでお手軽に加入できますが、保障の範囲が狭いという特徴があります。 
そのため、いざ利用しようとしても自分や家族のケガや病気などが対象外で支給されないという場合も考えられます。 

そういった点に不満を感じるのであれば、自分に合った内容にカスタマイズできる民間の保険への加入を検討すると良いでしょう。

コープ共済の申し込みや告知、共済金請求、解約の方法は?


いざ、コープ共済に加入することにした場合どのような手順を行うのでしょうか。

ここではコープ共済に加入するための手順について解説します。
手順として以下のようになります。
 
  1. 生協の窓口などで共済の加入申込書を請求 
  2. 組合員でない人は組合員になる 
  3. 加入するプランを決める 
  4. プランが決まったら加入申込書を窓口に提出
以上が加入手続きの流れです。

加入申込書の手続きが完了すると、「初回掛金口座振替のお知らせ」が郵送されてきます。 
加入する際に自分の病歴などの告知を共済側にする必要があります。

この告知は契約上必要なことなので正確に記入するようにしましょう。 

共済金の請求については、所定のコールセンターに電話します。
その後、所定の書類を記入し領収書と診断書を添えて提出する流れになっています。 

解約については、請求と同じ流れでまずはコールセンターに電話します。
そうしますと所定の書類が送られてくるので必要事項を記入すると手続きが完了します。 

加入手続きは窓口で始まり、請求や解約などはコールセンターに電話するような流れになっています。

申し込み方法と告知について

コープ共済への申し込み方法と告知について詳しく解説します。
申し込む際に初めに行うのは窓口で加入申込書を請求し、組合員でなければ組合員になります。 

次に必要な手順になるのが、プランを決めることです。
コープ共済にはベーシックなタイプから子ども向き、女性向きなどさまざまなプランがあります。 

窓口担当者に相談しながら、自分に合った内容のプランを選ぶようにしましょう。
プランが決まったら窓口に記入した加入申込書を提出します。

申し込みする際に告知の記入は欠かせません。
 

自分の身体の状態や病歴などによっては加入できない保障もあります。 

告知の内容としては「30歳以上で高血圧・脂肪肝・脂質異常症・高脂血症と診断されているか」などが確認されます。 

ほかにも、過去5年以内の帝王切開を行っていたり子宮筋腫や痔が体内で発症している場合も告知する必要があります。 
全ての手続きが完了すると「初回掛金口座振替のお知らせ」が郵送されるという流れになっています。

共済金請求の請求方法について

ケガや病気になった場合は共済金を請求する必要があります。
ここでは、共済金請求の請求方法について紹介します。 

請求するにあたって、はじめに「共済証書」を用意してコールセンターに電話するようにしましょう。
 

万が一「共済証書」が見当たらない場合は組合員番号と加入時に登録した電話番号でも照合する方法もあります。 

コールセンターに連絡した後は、所定の書類の記入し、記入完了後は領収書や診断書、戸籍謄本など請求に必要な書類を添付します。 

診断書等の書類を用意する際にかかる費用は加入者負担になります。
全ての書類が揃ったら返信用の封筒に入れて郵送しましょう。
 

コープ共済に書類が届くと内容の確認が行われ、問題が無ければ指定の口座に共済金が振り込まれるという流れになっています。 

解約方法は?

コープ共済に加入しても場合によっては解約しなくてはならない時もあります。
そういった時のために、ここでは解約方法について紹介します。 

まず、解約する際にはコールセンターに電話をしましょう。
その際は、契約した本人がコールセンターに電話する必要があります。 

コールセンターにかけると解約に必要な書類が郵送されるので、記入が完了したら書類を返送します。 
書類の記入漏れなど不備が無ければ解約手続き完了となります。

書類を送る場合に気をつけるべき点が、書類によって到着期限があるということです。 
「たすけあい」の場合は、解約希望月の末日までに書類がコープ共済に届くように送るようにします。 

「あいぷらす」「ずっとあい」は解約希望月の発効応当日前日までに書類がコープ共済に到着する必要があります。 

このように、プランによって書類の到着期限が異なるので自分の解約したいプランの到着期限がいつなのか、コールセンターに問い合わせた際に確認するようにしましょう。

コープ共済について相談したい場合は、無料保険相談を利用しよう


コープ共済の加入を検討していても、いきなりコープ共済の窓口に行くことに抵抗がある人は、まずは無料の保険相談を使うと良いでしょう。
 
無料の保険相談では、保険のプロであるファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれます。 

ファイナンシャルプランナーは保険だけでなく家計状態などお金に関する知識が豊富なので、相談すると家計などの経済状況を考慮してどのような保険や共済が合っているかなど分かりやすい説明が受けられます。 
いつくか無料で保険相談ができる窓口がありますが、その中でも「ほけんROOM」がおすすめです。 

一般的に無料の保険相談を行う際は店舗に出向かなくてはいけません。
ですが、保険無料相談は相談者の希望する場所に出向き相談に乗るので、相談者の負担を減らすことができます。 

さらに、相談者が相談内容に納得ができない場合など、ほけんROOMは柔軟な対応を行ってくれるので安心できる相談窓口だといえます。 

また、ほけんROOMにはオンラインでお金と保険の相談ができる代理店もあるので、対象地域に住んでいる相談者は利用すると良いでしょう。 

まとめ:コープ共済の特徴、民間の保険との違いをふまえた上で検討しよう


今回はコープ共済について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。 

コープ共済の特徴としては 
  • 掛金が安いので家計の負担が少ない 
  • 保障対象の入院日数が長い 
  • 決算で過剰金が出た場合は加入者に返金される 
  • 保障対象が民間の保険より狭い 
  • 審査が厳しい 
  • 保障の期限が来た際に切り替えに悩む 
といった点があげられます。

このように、コープ共済と民間の保険とは異なる点がいくつかあります。 

例えば、民間の保険には貯蓄型のプランがありますが、共済は基本的には掛け捨てなので保障を受けながら貯蓄をすることができません。
 

また、自分に合った内容のプランを求めるのであれば民間の保険の方がカスタマイズが可能です。 
このように、コープ共済と民間の保険では保障範囲などさまざまな点で異なっているので、違いが多すぎて検討する際は悩むかもしれません。
 

そういった場合は、コープ共済と民間の保険それぞれの違いを踏まえた上で、自分のライフスタイルによりマッチしている方を選ぶと良いでしょう。

おすすめの記事