ビューティ情報『「ガサガサかかと」から卒業!サンダル姿に自信がつくフランス流フットケア法』

2017年7月27日 17:00

「ガサガサかかと」から卒業!サンダル姿に自信がつくフランス流フットケア法

「ガサガサかかと」から卒業!サンダル姿に自信がつくフランス流フットケア法


素足をさらす機会が増える夏。かかとや足裏のお手入れはしていますか?

私が暮らしているフランスでは、自宅でお手入れする人が多いからでしょうか、日本以上にフットケアグッズが充実している印象です。

かかとがガサガサだと、サンダルをカッコよく履きこなせないばかりか、ストッキングが伝線してしまう可能性も。

そこで、友人の意見を交えながら、フランス人女性たちが実践している素足ケアをお伝えしたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

素足ケアは入浴後に
「ガサガサかかと」から卒業!サンダル姿に自信がつくフランス流フットケア法


素足ケアをするタイミングは、足の角質が柔らかくなる入浴後がベストです。フランスには浴槽のないアパートも多いので、そのような場合はフットバスを使用します。

角質ケア用のやすり(フットファイル)を使って優しく角質を削り、ボディまたは足用のゴマージュ(スクラブ)で足全体を円を描くようにマッサージ後、お湯で洗い流します。

足の角質のたまり具合にもよりますが、フットファイルは必要に応じて、ゴマージュは週1回のペースでお手入れをしてみましょう。

足のスキンケア、最大のポイントは「保湿」
「ガサガサかかと」から卒業!サンダル姿に自信がつくフランス流フットケア法


角質ケアについては「フットファイルは使用せず、ゴマージュのみ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.