ビューティ情報『若い頃の細胞を今の肌に移植する「培養皮ふ治療」を受けてみた』

2017年8月9日 19:00

若い頃の細胞を今の肌に移植する「培養皮ふ治療」を受けてみた

美容鍼灸師という仕事をしている私は、昔ながらの美容法や、ホリスティックなものを推している人と思われがちですが、必ずしも東洋医学に偏っているわけではなく、美容クリニック系の西洋医学的な美容施術も大好きです。

個人的には、「美容効果があればなんでもいい」と思っている雑食とでもいいましょうか。

目次

・「培養皮ふ治療」は自分の若い頃の細胞を使ったアンチエイジング
・培養皮ふ治療と美容鍼で目の下のたるみを改善
・きれいになりたいなら、先入観にとらわれないで


西も東もナチュラルもケミカルもお構いなしなので、東洋医学に傾倒している鍼灸師の先生たちからしてみたら、「お前と一緒だと思われたくない」と、眉をひそめたくなるようなゆるい考え方なのかもしれません(笑)。

Stocksnap klokofqfh5

■「培養皮ふ治療」は自分の若い頃の細胞を使ったアンチエイジング

そういう考え方のため、自分で美容鍼を打つ以外でも、アンチエイジングとして、数年前から「培養皮ふ治療」を受けています。

どんなものか簡単に説明すると、培養皮ふ治療とは、自分の皮膚を採取して、そこからコラーゲンやエラスチンを生成してくれる「線維芽細胞」を培養し、老化によって細胞が減ってきたところ(シワやたるみがあるようなところ)に培養した細胞を移植して、肌を若返らせるというもの。

整形ではなく、肌の再生医療。自分の細胞を注入するため副作用もなく、治療後の持続期間が2~3年と長いことが魅力です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.