ビューティ情報『顔の横幅、長さ……大顔の原因と対策』

2019年6月17日 17:00

顔の横幅、長さ……大顔の原因と対策

頬骨が外に出っ張っていたり、頬の位置が下がったりすると、顔の横幅が広がって顔が大きく見えたり、もたついて見えたりしてしまいます。

■「顔の横幅が広く見える姿勢」がある

Pexels photo 236907


顔を小さく見せたいと思う方に避けてほしいのが「前傾姿勢」。肩が内に入り、首から頭が前に出るので、必然的に顔の横幅が目立ち、大顔に見えてしまいます。むくみやすくもなります。結果、この姿勢が原因で顔が大きくなることも。

姿勢に気を配り、首を細く長く見せることでも、首のラインとのメリハリがでて、顔はスッキリ小さく見せることができます。

■顔の横幅が広い……小顔を遠ざける原因

今の時代、髪型やメイクで小顔に見せる方法はたくさんありますが、大人女性が目指すべき小顔は骨格レベルから。

長年の姿勢や癖、顔の歪み、左右差、筋肉の発達、衰えなど、土台から小顔を遠ざける原因が多いです。顔の横幅と長さ。最近あなたが気になるのはどちらですか?

顔の横幅が気になってきた

頬骨が出っ張ったり、えらが張ったように見える方。これは筋肉の発達が大きな原因と考えられます。何かに集中したり、ストレスを溜め込んだりすると、無意識に体が力んで常に緊張している状態に。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.