2015年4月11日 15:15|ウーマンエキサイト

子供の寝つきが良くなる? 民間療法「カモミール」の効能とは

中山 真澄
ライター (AEAJアロマセラピスト/AEAJアロマテラピーインストラクター/環境カオリスタ)
中山 真澄
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
カモミールは昔から、大人から子どもまで幅広く利用されてきました。特に子どもの寝つきの悪さやかんしゃく、胃腸症状やアレルギー症状の改善などの民間(伝統)療法として使われていたようです。

カモミールといえば、ハーブティがおなじみですが、ハーブだけでなく、精油にもさまざまな作用や効果が期待できるといわれています。今回はそんなカモミールの効能について知っていきましょう。
子供の寝つきが良くなる? 民間療法「カモミール」の効能とは

© Botamochy - Fotolia.com


■リラックスにはローマン、抗炎症にはジャーマン、カモミールの種類とはカモミールにはジャーマン種とローマン種があります。どちらもリンゴのような甘酸っぱい香りがありますが、成分が少し違います。

・カモミールジャーマン
ハーブティでおなじみなのはカモミールジャーマン。「カミツレ」という和名も有名ですね。炎症を抑えるといわれている「カマズレン」という成分が多く含まれており、精油の色は濃いブルーをしています。

また、カモミールジャーマンは学名をMatricariaといい、これはラテン語で「子宮」や「母」を意味します。そのため、冷え性や月経痛など、女性を悩ます症状にもいいと昔から言われています。

・カモミールローマン
同じカモミールでも、ローマンはジャーマンに比べてカマズレンの含有量が微量なため、精油の色はだいぶ違います。しかし、香りはローマンのほうが、クセが少なく、芳香浴に向いているといえるでしょう。

カモミールローマンは、リラックスに向いているといわれ、ストレスや子どものぐずり、寝つきを緩和させる効果があるといわれています。
中山 真澄
中山 真澄の更新通知を受けよう!
確認中
中山 真澄
中山 真澄の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
中山 真澄
中山 真澄の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
中山 真澄
中山 真澄をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
中山 真澄
中山 真澄の更新通知が届きます!
フォロー中
中山 真澄
中山 真澄の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.