2015年8月7日 05:15|ウーマンエキサイト

SPFだけじゃない、UVカットの新基準「UPF」ってなに?

Woman.excite ママ編集部
ライター
Woman.excite ママ編集部
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
外出時、季節を問わず気になる紫外線。太陽がさんさんと降り注ぐ夏は、特に念入りにUVケアをしておきたいところです。

UVケアの基準といえば「SPF」が有名ですが、そこにいま、新しい基準が出てきているのをご存じですか?

目次

・あなたの服にもついているかも、世界基準の紫外線カット基準「UPF」とは?
・スポーツショップで買える、おしゃれな日焼け対策ママファッション


あなたの服にもついているかも、世界基準の紫外線カット基準「UPF」とは?

ここ最近、肌に直接塗るタイプの日焼け止めだけでなく、服自体が「UVカット」になっているものを店頭で見かけるようになりました。ユニクロやしまむらといった大手アパレルメーカーでも、「UVカット」とうたう洋服が並んでいます。

さて、こうしたUVカットの洋服のタグをよく見ると、「UPF」という表示があることに気づいていましたか?

SPFだけじゃない、UVカットの新基準「UPF」ってなに?
このUPFとは(Ultraviolet Protection Factor)の略で、衣類をはじめとした繊維製品に対する紫外線遮蔽の基準値です。紫外線対策の先進国であるオーストラリアやニュージーランドでおもに使われています。

日焼け止めでも見かける「SPF」のように、数字が大きくなるほど紫外線カットの力が大きく、UPF1につき20分間、太陽の下にいても日焼けを防いでくれます。

最高値は「UPF50+」。これは20分×50=1000分間(約16時間)、太陽の下にいても日焼けしないことを意味します。もちろん、実際に16時間も太陽に当たることはほぼないので、丸1日紫外線から肌を守ってくれて安心、という意味で捉えましょう。

日焼けを防ぐためにせっかく重ね着しても、こういった基準をクリアしていない衣類を重ねるだけでは、結局日焼けしてしまうことになりかねません。衣類のUVケア基準「UPF」を、ぜひチェックしてください。

参考:デサントUPF解説ページ

Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部の更新通知を受けよう!
確認中
Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部の更新通知が届きます!
フォロー中
Woman.excite ママ編集部
Woman.excite ママ編集部の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.