2016年8月1日 07:00|ウーマンエキサイト

意外と簡単! 美容や健康にもいい「ぬか漬け生活」のススメ

森川ほしの
ライター
森川ほしの
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
塩麹や塩レモンなど、発酵食ブームが続いていますが、やはり日本を代表する発酵食と言えば「ぬか漬け」ではないでしょうか?

目次

・冷蔵保存なら、毎日混ぜる必要なし!
・ニオイが気になるなら容器に工夫を
・手っ取り早くはじめたいなら、発酵済みのぬか床を
・カビが生えてしまったら?
・自宅で漬けるからこその魅力


意外と簡単! 美容や健康にもいい「ぬか漬け生活」のススメ

© ogustudio - Fotolia.com


健康にはもちろん、美容にも良いとされ、「あと一品欲しい!」というときにも役立ちますが、手間がかかりそう…と、なかなか手を出せずにいる人も多い様子。

そこで今回は、簡単にぬか漬け生活を楽しむための、ちょっとしたコツを紹介したいと思います。

■冷蔵保存なら、毎日混ぜる必要なし!

ぬか漬けには「手がかかる」というイメージがあります。たしかに、ぬか床を良い状態に保つためには、毎日混ぜて、空気を入れてあげることが大切です。これを怠ると、発酵が進みすぎたり、嫌なニオイの元となる菌が繁殖したりして、最悪の場合、ぬか床がダメになってしまうことも…。

しかし実は、これは常温で保存した場合の話。冷蔵庫で保存するなら、混ぜるのは4~5日に1回で十分です。実際に私も、夏場はぬか床を冷蔵庫に入れていますが、混ぜるのを少々忘れていても、まったく問題はありません。

■ニオイが気になるなら容器に工夫を

ぬか漬けには独特なニオイがあります。このニオイがぬか漬けの魅力とも言えますが、冷蔵庫にぬかのニオイが充満してしまうのは、やはり避けたいところ。そこで、ぬか床を冷蔵保存する際には、容器を上手に選びましょう。

たとえば、「ぬか漬け美人」(野田琺瑯(ほうろう))や「トンボぬか漬けシール容器 朝市」(新輝合成)のような、ぬか漬け用の容器は、ニオイが漏れにくくなっているので冷蔵保存におすすめ。冷蔵庫に入れても邪魔にならないサイズを選べば、「ぬか床のせいで、ほかの物が入らない!」という事態も避けられます。
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
森川ほしの
森川ほしのをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
森川ほしの
森川ほしのの更新通知が届きます!
フォロー中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.