2017年5月21日 20:00|ウーマンエキサイト

ママが小顔に!? ストロー練習のついでにできる「ストロビクス」とは

力武亜矢
ライター (ビューティートレンドライター)
力武亜矢
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子どものストロー練習をするとき、吸うイメージを伝えるために、まずは自分がお手本を見せます。このストローを使うしぐさ、実は小顔づくりにも役立つのだとか。

そこで今回は、子どものストロー練習ついでにできる、ストローを使った小顔エクササイズを紹介します。

目次

・ストローで意識する、ふだん使っていない顔の筋肉
・ストローを吸っていたら、顔まわりがスッキリ!?
ストローでジュースを飲む女性

(c) prostooleh - Fotolia.com



■ストローで意識する、ふだん使っていない顔の筋肉

ストローを使った小顔エクササイズ「ストロビクス」を提唱するのは、ストロビクス考案者で魅せ方プロデューサーの服部彩香(はっとりさやか)さん。

ご自身も引き締まったお顔をしており、さらにはプロポーションも抜群。ベストボディ・ジャパンコンテストでは、5回もグランプリを受賞されています。

「ストロビクスとは、ストローを使っておこなう顔のエクササイズです。ストローを口に挟むことで、ふだん使わない顔の筋肉をほぐして鍛えることができます。使う筋肉が増えれば顔が引き締まり、表情も豊かになります」

言われてみれば、なんどもストローで吸うマネをしていると、アゴの辺りが筋肉痛みたいに辛くなる感じがします。この辺りに筋肉をふだん使えていないということなのでしょうね。

「使わない筋肉が増えるほど、肌がたるみやすくなり、表情がこわばりがちになります」

と服部さん。さっそく、引き締まったヘルシーな小顔を目指せる、ストロビクスを教えていただきましょう。

■ストローを吸っていたら、顔まわりがスッキリ!?

まずは、フェイスラインが引き締まるのをイメージして行いましょう。
ストロビクスエクササイズ1:頬の下側のたるみ予防~頬筋・笑筋を鍛える
1. ストローで空気を吸う
2. 空気を吐きながら、上唇と下唇を合わせ(内側に丸めて)、口の端を横に引く

続いて、印象の良い自然な笑顔がつくれるように意識しましょう。
ストロビクスエクササイズ2:口角をあげる筋肉~口角挙筋を鍛える
1.ストローで空気を吸う
2.空気を吐きながら、口を横にひき、口角をあげます。

どちらも、ゆっくり動かすことがコツ。5回ずつを1セットでおこなうと、より高い効果が見込めるそうです。
力武亜矢
力武亜矢の更新通知を受けよう!
確認中
力武亜矢
力武亜矢の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
力武亜矢
力武亜矢の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
力武亜矢
力武亜矢をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
力武亜矢
力武亜矢の更新通知が届きます!
フォロー中
力武亜矢
力武亜矢の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.