ビューティ情報『閉経が遅い人は2倍リスク……肺がん発生に女性ホルモンも影響』

2018年12月5日 11:00

閉経が遅い人は2倍リスク……肺がん発生に女性ホルモンも影響

閉経が遅い人は2倍リスク……肺がん発生に女性ホルモンも影響


日本人の3人に1人ががんによって死亡している。国立がん研究センターがん情報サービスによると、死亡数が多い部位は、女性の場合、大腸に続いて肺が2位。国立がん研究センター東病院の呼吸器外科科長の坪井正博先生が語る。

「肺がんは、40代くらいから発症者が徐々に増えだし、70代でピークをむかえます。特に喫煙との関連が大きいと見られているのが、扁平上皮がんと細胞肺がんです。一方、非喫煙女性にも多く、増加傾向にあるといわれるのが、肺の奥や末梢に生じやすい、腺がんです。かつて、肺がん患者の男女比は7対3ほどでしたが、特に腺がんでは女性の比率が同等くらいに増えてきました」

米国ハーバード大学で疫学研究に従事した、内科医の大西睦子先生も、こう解説する。

「’17年、米国インディアナ大学の教授は、アジア女性の肺がん患者の50%が、非喫煙者であることを指摘しています」

“吸わないから関係ない”と思っていても、なってしまうことがある肺がん。原因をみていこう。

「やはり、肺がんはたばこの影響が大きい」と、坪井先生は語る。

「現在は非喫煙でも、喫煙歴があったり、受動喫煙の機会が多かったりする人は注意が必要です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.