ビューティ情報『“ごっくん”筋鍛える飲み込みトレーニング 誤嚥性肺炎予防にも』

2021年3月31日 11:00

“ごっくん”筋鍛える飲み込みトレーニング 誤嚥性肺炎予防にも

健康だと思っている人でも、老化によって、確実に飲みこみ力は弱くなっている。浦長瀬先生が、健常者(平均年齢68.2歳)に内視鏡検査を行うと、47%が飲みこむ反応が遅く、65%が飲みこみきれていない唾液がのどにたまっていたという。問題なく食べることができても、嚥下機能が低下している人は多いのだ。

「健康な人も、今からトレーニングを始め、飲みこみ力を落とさないようにしましょう」

そこで、浦長瀬先生が飲みこみ力を鍛える基礎となるトレーニングを紹介。

「人は、のどぼとけがある咽頭をタイミングよく上に動かすことで飲みこんでいます。ですから飲みこみ力を鍛えるには、のどぼとけを力強く上に動かせるようになることが大切です。そのために鍛えるのが、のどぼとけを上に引っ張り上げる、ごっくん筋。親指の腹を上に向け、あごの下を触りながら飲みこんでみましょう。飲みこむたびに硬くなるのが、ごっくん筋です。この筋肉に、意識的に負荷をかけることが訓練の基礎になります」

しかし、飲みこむ動作は無意識に行われるので、多くの人がごっくん筋を意識したことがない。それゆえ、まず力の入れ方を覚えたうえで、ごっくん筋を使ってしっかりと飲みこめるように練習する。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.