ビューティ情報『「治療用アプリ」で毎日の血圧を管理 薬と同様に病院で処方へ』

2022年5月27日 15:50

「治療用アプリ」で毎日の血圧を管理 薬と同様に病院で処方へ

「治療用アプリ」で毎日の血圧を管理 薬と同様に病院で処方へ


4月26日、病院で薬などと一緒に処方される高血圧症の「治療用アプリ」が薬事承認された。’20年にニコチン依存症の治療アプリが呼気の測定器とセットで承認されたが、アプリ単体での承認は国内初。高血圧症が対象の治療用アプリは世界初だ。そんな治療用アプリについて、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■普及で医療費や研究費が削減できる

高血圧症の患者は日本に約4300万人。治療には食事や運動など生活習慣の改善が重要ですが、医師は通院時に指導するしかなく、自宅にいる間は患者のやる気次第。継続できないケースもありました。

そこで、治療用アプリの登場です。処方の際に教えられたパスワードを入力するとアプリが起動。患者は次の通院までの間、自宅で血圧を測定し、食事や体調などをアプリに記録します。

アプリはそれらを瞬時に分析して、減塩食や運動などを毎日提案し、目標の達成度を○%と知らせてくれます。アプリは24時間患者に寄り添う伴走者として、治療のためによい選択を促すというのです。

治療用アプリは新薬と同様、臨床試験も行われています。医師から生活改善の指導を受けた後、自宅でアプリを利用した患者は、アプリなしの患者より、治療12週目の血圧がより低くなり、脳や心臓の血管疾患を招くリスクを約10%下げる効果がありました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.