ビューティ情報『身体内部からの冷却による『運動パフォーマンス向上効果』及び『睡眠の質改善効果』をヒト試験で確認』

2022年6月30日 11:00

身体内部からの冷却による『運動パフォーマンス向上効果』及び『睡眠の質改善効果』をヒト試験で確認

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区社長:上原 茂](以下、当社)と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の神武直彦教授らを中心とした研究チームは、氷点下の飲料※の摂取によって起こる身体内部からの冷却(以下、内部冷却)が、運動パフォーマンスを向上させること、並びにスポーツ競技者のコンディショニングに影響を及ぼすと言われる睡眠の質を改善させることをヒト試験において確認し、日本薬学会第142年会(3月25日~3月28日)にて発表いたしました。
※氷点下において流動性があり、飲める状態のもの

<研究成果①:運動パフォーマンス向上効果>
スポーツの現場では、暑熱環境対策として、身体内部から深部体温の上昇を抑制する手法の活用が拡大しています。本研究では、内部冷却が体温及び運動パフォーマンスに及ぼす効果を検証いたしました。その結果、非冷却条件下と比べて、内部冷却により、速やかに鼓膜温度が低下(図1)すること、さらに、自転車エルゴメーター運動により評価される運動パフォーマンス(最大パワー)が向上することが確認されました(図2)。

身体内部からの冷却による『運動パフォーマンス向上効果』及び『睡眠の質改善効果』をヒト試験で確認


<研究成果②:コンディショニング(睡眠の質)改善効果>
睡眠は、スポーツ競技者のコンディショニングにおいて重要な要素ですが、夏場は睡眠時間が短縮したり、特に、暑熱環境下においては睡眠の量・質ともに低下したりすることが知られています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.