ビューティ情報『在宅勤務やフレックス制度が睡眠のリズムを崩す要因に!?』

2014年11月30日 08:00

在宅勤務やフレックス制度が睡眠のリズムを崩す要因に!?

正常なリズムで生活する必要に迫られたときに、外界のリズムと同調できなくなっていては一大事ですよね。

睡眠リズムをコントロールする方法3選

出社せずに自宅で過ごすような生活でも、睡眠のリズムを整える方法はあります。いざ、朝から出かけるような仕事になった時に慌てないためにも、睡眠リズムを24時間に保ち続けられるような生活の工夫をしてみましょう。

(1)午前中に外に出て、太陽を浴びる
庭に植木を置いたり、午前中に食事の買い物をしたりと、午前中に太陽を浴びる時間を設けましょう。

(2)仕事の開始、終了の時間を自分で決める
自宅にいると、いつまでもズルズルと仕事をしてしまうものです。仕事は精神を興奮させてしまうので、寝つきを悪くします。この時間になったら、パソコンを閉じるなどマイルールを設けましょう。

(3)適度な運動の習慣を持つ
自宅での勤務になると、運動する機会はより一層少なくなるものです。程よい身体の疲労がないと、眠気が訪れにくくなります。運動をする習慣を身につけましょう。

在宅勤務やリモートワーク、ノマドワーカーとして働くのであれば、一層睡眠には注意したいもの。

快適な社会生活を営むためにも、睡眠に良い習慣を意識しましょう。

Photo by John Althouse Cohen

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.