ビューティ情報『その行動大丈夫!? 睡眠中の行動でかんたん病気診断!』

2015年6月8日 08:00

その行動大丈夫!? 睡眠中の行動でかんたん病気診断!

その行動大丈夫!? 睡眠中の行動でかんたん病気診断!


自分では気づかないことでも他人からすれば一目瞭然ということはたくさんあります。睡眠中の行動もそのひとつで、実は無意識に病気のサインを発していることもあると言われています。家族だからこそ気づけることもたくさんあるのです。

睡眠と病気の関係

睡眠中には体が色々なサインを発していると言われています。寝相の良い人・悪い人、寝言を言う人・言わない人……と、まさに寝ているさまは千差万別。今回はそれぞれにどのようなサインが隠されているのかをご紹介します。

<寝言を言う>

ひと言だけの寝言でなく、ストーリー性のある寝言を話す人がいます。実際に寝言を聞くと、本人が起きているのかとびっくりしますが、このような状態で手足を動かしたり、暴れたりするという場合は「レム睡眠行動障害」を疑ってみたほうがよいかもしれません。これは睡眠中の夢に伴って異常行動を示すものです。

いびきは睡眠障害の表れかも!?

<大きないびきをかく>

大きないびきをかく人が疑われるのは「睡眠時無呼吸症候群」という睡眠障害です。いびきをかいているのを見ると、あたかも熟睡しているかのように感じますが、実際はそうではないそうなのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.