ビューティ情報『グアーガム分解物、糖尿病モデルマウスのサルコペニア肥満を抑制することが明らかに 第19回日本機能性食品医用学会総会で発表』

2021年12月6日 10:00

グアーガム分解物、糖尿病モデルマウスのサルコペニア肥満を抑制することが明らかに 第19回日本機能性食品医用学会総会で発表

京都府立医科大学(学長:竹中 洋)内分泌・代謝内科学 福井 道明教授、太陽化学株式会社(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:山崎 長宏)らによる研究グループは、グアーガム分解物は糖尿病モデルマウスのサルコペニア肥満※1を改善することを明らかにし、12月11日・12日に全面オンラインにて開催される第19回日本機能性食品医用学会総会で発表します。

12月12日(日) シンポジウム5 サルコペニア・フレイルと機能性食品
発表演題:「グアーガム分解物のサルコペニア肥満抑制効果への期待」
濱口 真英1、岡村 拓郎1、水島 かつら2、安部 綾3、小関 誠3、内藤 裕二2、福井 道明1
(1京都府立医科大学 内分泌・代謝内科学、2京都府立医科大学 生体免疫栄養学講座、3太陽化学株式会社ニュートリション事業部)
https://site.convention.co.jp/19jsmuff/program/

1. 研究背景について
コロナ感染の猛威が世界を激変させていますが、コロナ感染重症化のリスクとして肥満が挙げられています。その一方で筋肉量の減少や身体能力の低下を伴うサルコペニアもコロナ感染重症化のリスクとして報告されています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.