ビューティ情報『東栄新薬、露地栽培アガリクスKA21株の育毛効果を日本抗加齢医学会で学会発表』

東栄新薬、露地栽培アガリクスKA21株の育毛効果を日本抗加齢医学会で学会発表

東栄新薬株式会社(所在地:東京都三鷹市、代表取締役:元井 章智)は、当社の露地栽培アガリクス(KA21株)の育毛効果に関する研究成果を、第24回日本抗加齢医学会総会で学会発表したことをお知らせいたします。

東栄新薬、露地栽培アガリクスKA21株の育毛効果を日本抗加齢医学会で学会発表

露地栽培アガリクスKA21株

演題名
「露地栽培アガリクスKA21株子実体の経口摂取による育毛促進作用」

【共同研究実施機関】
アンファー株式会社、東京薬科大学薬学部免疫学教室

【本研究の目的】
アガリクス(Agaricus blazei, brasiliensis)はβ-グルカンを豊富に含むブラジル原産の薬用茸で、様々な生理活性作用が報告されています。これまでに、ブラジルで露地栽培されたアガリクスKA21株子実体(以下、KA21)については、シニアのイヌ、ネコの毛並み・毛艶の改善作用、ヒト臨床試験による抜け毛の改善作用が報告されています。本研究ではKA21が示した抜け毛の改善作用を検証するため、脱毛モデルマウスを用いてKA21の育毛促進効果、およびアガリクスの栽培方法の違いによる育毛効果への影響を評価しました。

【試験結果】
露地栽培アガリクスを含むエサを摂取したマウスが最も高い毛再生スコアを示し、ハウス栽培アガリクスを含むエサを摂取したマウス、アガリクスが入っていないエサを摂取したマウス群といった順になりました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.