子育て情報『遊ぶ力を伸ばすおもちゃと奪うおもちゃ【保育士おとーちゃんコラム6】』

遊ぶ力を伸ばすおもちゃと奪うおもちゃ【保育士おとーちゃんコラム6】

 

赤ちゃんの遊びには意味がある!?発達との関係

遊びには実は大きな意味があります。それは個々の子どもの発達段階と呼応しているということです。子どもは発達が進み、それまでできないことができるようになると、そこにおもしろさを感じます。

例えば、それまで歩けなかった子が歩けるようになると、歩くこと自体が楽しくなります。楽しいので、それを盛んにします。すると、その獲得された能力は経験の機会が多くなることで、より発達が進むようになります。そのとき、その発達段階に合ったおもちゃがあると、その獲得された機能を使うことはさらに楽しくなります。すると、楽しみながらより発達することになりますね。

このメカニズムが実は遊びの原点です。

発達段階に合ったおもちゃとは

・モノを握れるようになった子→ガラガラ、にぎにぎなど

ガラガラをつかんでいるイメージ


・歩けるようになった子→引き車、手押し車など

手押し車を押す子どものイメージ


・指先でモノをつまめるようになった子→ストロー落とし、ペグ(棒)さしなど

ペグ(棒)さしのイメージ


・イメージを持って見立てることができるようになった子→ミニカー、お人形、ごっこあそびなど

ごっこ遊びのイメージ


・イメージを持って構成することができるようになった子→積み木、ブロックなど

積み木で遊ぶイメージ


子どもの困る行動、実は発達のサインかも

しばしば、こんな子育ての悩みを聴きます。

「食事のとき、テーブルから食器や食べ物を落とそうとします。止めても面白がるばかりでやめてくれません」(1歳)

「なんでもモノを投げようとします。何度注意してもやめてくれなくて困っています」(1~2歳)

「固いモノでいろんなところを叩いてばかりで困ります」(2歳)

こういった子どもの姿に直面すると、大人はそこを注意したり、止めたりすることでなんとかやめさせようとするケースが多いです。しかし、それで解決したということにはなかなかならずに、怒ってばかりになってしまったり、何度も注意することでイライラしたり、へとへとになってしまったりします。

実は、これらは発達段階が進んだことによる自然な姿かもしれません。

モノをつかんだり、押して動かすことができるようになった子は、それをすることで落ちるということに楽しみを見いだします。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.