子育て情報『うちの子が大好きなのはコレ! ママのおすすめ読み聞かせ絵本3選』

2019年6月14日 14:35

うちの子が大好きなのはコレ! ママのおすすめ読み聞かせ絵本3選

目次

・『あかまる どれかな?』(ポプラ社)
・『へんなかお』(白泉社)
・『つないで つないで』(福音館書店)
・著者:春野心花
読み聞かせ絵本の入った本棚


「この絵本は、うちの子が好きそうだな」と思って購入したものの、実際に読み聞かせをしてみるといまいち反応がよくないときってありますよね。それどころか読んでいる途中で、嫌になってそっぽを向かれてしまう……なんてことも。そこで今回は、うちの子が実際に読み聞かせをしてみて反応のよかった大好き絵本を3冊ご紹介します。

『あかまる どれかな?』(ポプラ社)

絵本「あかまるどれかな?」


『あかまる どれかな?』は、「あかいろはどれかな?」「おおきいのはどっち?」など、質問をしながら、子どもが「これ!」と指差しをして遊べる絵本です。いろいろな色や形が出てくるので、わが子は最後まで飽きることなく楽しんで見てくれます。

うちの子はまだ生後8カ月なので指差し遊びはできないのですが、子どもの手を握って一緒に指差しをして楽しんでいます。続けていると、人差し指を出せるようになってきました。

『へんなかお』(白泉社)

絵本「へんなかお」


『へんなかお』は、いろいろな動物が出てきて「へんなかお」をする絵本です。動物たちのへんなかおを見ると、わが子も声を出して笑ってくれるので読んでいる私も癒されます!

最後のページにはミラーシートがついていて、自分たちも変な顔をして楽しむことができます。親子で笑顔いっぱいになれますよ! 絵が大きくてはっきりしているので低月齢の子どもも見やすい1冊です。

『つないで つないで』(福音館書店)

絵本「つないでつないで」


『つないで つないで』は、いろいろなネコが出会って手をつないでいくという、簡単な内容の絵本です。書店で子どもが自分から手を伸ばして取ったので、購入してみました。ネコの縁取りが大きく、絵がはっきりしています。

手をつなぐってとっても素敵なことだな。いつかは手をつながなくなってしまう子どもの手をつなげる間はしっかりつないでおこうと思えるほっこりする1冊です。こちらは定期購読の月刊誌なので、単品注文の場合は書店に問い合わせみてくださいね。

わが子は、形に顔がついていたり、色彩や絵がはっきりしている絵本を読むと喜んで見てくれます。わが子が喜んでくれる絵本を選ぶのは難しいとは思いますが、だんだんと子どもが喜ぶ絵本が分かってきますよ!

著者:春野心花

子育て中のママ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.