子育て情報『うそでしょ、また!?出産後、完治していたはずのアイツが再び出現して…』

うそでしょ、また!?出産後、完治していたはずのアイツが再び出現して…

目次

・もしや痔!? 初めて気づいた肛門のイボ
・社会人になって悪化した痔…
・婚約を機に痔の手術を決意!
・妊娠、出産を経て…またアレが!
・著者:仲本まゆこ
痔のイメージ


高校生のころから痔に悩まされてきた私。肛門の痛みにより日常生活に支障を感じた私は、婚約を機に思い切って手術をすることを決意! 手術後、痔のストレスから解放された私でしたが、出産をきっかけにまた痔が悪化して……。妊娠、出産を経て、再び痔になってしまった体験談をご紹介します。

もしや痔!? 初めて気づいた肛門のイボ

私が高校生のときの話です。トイレでおしりをふいた際に、肛門からイボが1つ出ているのに気がつきました! 当時の状態は、排泄時、肛門にやや痛みを感じる程度。私は思春期であったこともあり、家族にすら相談せずに過ごしました……。

薬局でぬり薬を買うことすら恥ずかしく、ビオフェルミン錠剤を服用して便通をよくしようと努めたのです。

社会人になって悪化した痔…

たまに肛門の痛みを感じるものの、痔との生活に慣れていった私。大学生時代、イボ痔であるもののさほど痛みはなく、私は肛門の悩みをあまり気にすることなく過ごすことができました。しかし、就職をきっかけに肛門の変化を感じ始めることに……。

デスクワークや飲み会が増えたことで肛門に負担をかけ、かゆみや痛みを感じるようになりました。肛門からの出血も増え、私は仕事に集中できず、日常生活に支障をきたすほどになったのです。

婚約を機に痔の手術を決意!

そんななか、私はプロポーズを受けてうれしい気持ちでいっぱいに! しかし、いつか子どもが欲しいと希望していた私は、肛門の痛みにより出産に支障をきたすのではないかと悩みました。思い切ってパートナーに相談し、痔の治療をすることにしたのです。

私が通院した肛門科では週末に日帰り手術が可能で、担当医と相談のうえ「痔核結紮切除術」を受けることを決意! 手術後、痔に悩まされることがなく、快適な生活を送ることができました。

妊娠、出産を経て…またアレが!

結婚後、初めての妊娠に喜び、痔の存在がすっかり過去のものに。しかし、出産後初の排泄時に、異変に気がつきました……。肛門に2つのイボ痔ができていたのです! 今までにないほどパンパンに膨れた痔。軽く痔に触れるだけで痛く、排泄時はあまりの肛門の痛みに涙が出ました。

産婦人科の担当医に相談したところ、妊娠・出産により痔ができることがあるとのこと。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.