子育て情報『「風邪のせい」医師の診断が実は違った!?別の病院で告げられた病名は…』

2021年1月25日 21:30

「風邪のせい」医師の診断が実は違った!?別の病院で告げられた病名は…

目次

・また中耳炎…
・新しい病院で言われた衝撃の診断名
・治療を開始
・完治まであと何カ月…?
・著者:潮田しずく
娘は中耳炎と診断されたのに、実は違った!


わが家の娘は、風邪を引くといつも中耳炎になっていました。中耳炎になるととにかく耳が痛いと泣き叫ぶので、毎月のように私が仕事を休み、娘の通院に付き添うことに。ところが、病院を変えたことをきっかけに、実はただの中耳炎ではなかったことが判明しました。そんな私の体験談をお伝えします。

また中耳炎…

娘は1歳を過ぎたころから頻繁に風邪を引くようになり、そのたびに黄色い鼻水と咳・熱が出て、耳が痛いと大泣きするようになりました。横になるとさらにつらいようで眠れなくなるため、少しでも体調が悪くなったらすぐに受診するように。かかりつけの小児科に行くと、「風邪からくる中耳炎です。風邪の薬で中耳炎も一緒に治しましょう」と言われ、5日ほど服薬すると娘はすっかり元気になりました。

風邪を引くたびに小児科か耳鼻科か迷っていたものの、先生いわく、「どちらでも良い」とのこと。最寄りの耳鼻科は患者さんが多いせいか診療時間も短く、質問もできない雰囲気だったため、結局いつも小児科に通っていました。

新しい病院で言われた衝撃の診断名

娘が2歳半のときに引っ越しをしました。新しい小児科で診てもらったときに「耳鼻科で診てもらったほうが良い」と先生に言われ、耳鼻科に行くことに。耳鼻科で娘の耳・鼻・喉の診察後に鼻まわりのレントゲンを撮ったところ、「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」という診断がおりました。

副鼻腔炎とは鼻の周りにある空洞に炎症が起きてしまい、膿が溜まるものだそうです。その膿が鼻ではなく喉に落ちて咳の原因になり、口呼吸になると夜眠れなくなるよう。また、膿が耳の中に落ちていくと、中耳炎になるとこのこと。この日を機に、娘の鼻の治療が始まりました。

治療を開始

その後、娘は5日おき、調子がよければ2週間おきに通院しました。治療は3種類あります。

まずは「鼻処置」で、器械を使って鼻水を吸います。次に「副鼻腔洗浄」。鼻の中に霧状の麻酔をした後、生理食塩水に浸した脱脂綿のついた長い針を刺してしばらく過ごし、副鼻腔の中をきれいに洗浄。その後、治療薬を鼻腔内に噴射します。最後に「ネブライザー」と呼ばれる器械を使い、霧状の薬を鼻腔内に吸い込みます。

副鼻腔洗浄は、大人の私がやってもらったときも少し抵抗があったため、まだ小さい娘にするのは少々酷に思えました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.