子育て情報『「ジェンダーレスネーム」トレンドは?子どもが性別を選べる未来を名前に込める親たち』

2021年4月18日 10:30

「ジェンダーレスネーム」トレンドは?子どもが性別を選べる未来を名前に込める親たち

目次

・1位蒼(主なよみ:あおい、あお)
・2位伊織(主なよみ:いおり)
・3位碧(主なよみ:あおい)
・4位暖(主なよみ:はる)
・5位凪(主なよみ:なぎ、なぎさ)
・6位陽(主なよみ:はる、ひなた)
・7位悠(主なよみ:ゆう、はる)
・8位楓(主なよみ:かえで)
・9位葵(主なよみ:あおい)
・10位怜(主なよみ:れい)
「ジェンダーレスネーム」トレンドは?子ども自身で性別を選べる未来を名前に込めて。


近年話題となっている「ジェンダーレス」。性差をなくそうという考え方を意味し、性別に関する多様性に対応したジェンダーレス制服を取り入れる学校が増えてきています。

今回は、2020年生まれの男の子81,896名を対象に調査した名前ランキングTOP100のうち、女の子の名前としても用いられている「ジェンダーレスネーム」TOP10をご紹介します。男女の性差を感じない名前は、将来子どもの選択肢を広げてあげることができるかもしれません。

1位蒼(主なよみ:あおい、あお)

2019年名前ランキング8位から2020年は2位へと大きくランクアップした「蒼(主なよみ:あおい、あお)」。草木が生い茂ることを意味する「蒼」には植物が生い茂るイメージがあり、すくすくと育つよう願いが込められているようですね。草木が芽吹く春にピッタリの名前。

「あおい」というよみは、2020年の女の子のよみランキングでも4位にランクインしています。

2位伊織(主なよみ:いおり)

2019年の名前ランキングでは21位、2020年は18位にランクインした「伊織(主なよみ:いおり)」。「いおり」というよみは、2020年の女の子のよみランキングでも90位に、「織」は女の子の漢字ランキング80位にランクインしています。

賢くてオシャレなイメージの「伊」に、細やかな模様が織り込まれたやわらかな絹織物を表す「織」を組み合わせた名前。人にやさしく細やかな気遣いのできる人になってほしいと願って名づけてもいいですね。

3位碧(主なよみ:あおい)

2019年の名前ランキングでは35位、2020年は19位へランクアップした「碧(主なよみ:あおい)」。「碧」は2020年の女の子の漢字ランキングで94位にランクインしています。

自然の生み出す美しい青緑色を意味する「碧」は、神秘的でありながらも自然界の力強さや美しさを感じるようです。美しく輝く人生になるよう願って名づけてもいいですね。

4位暖(主なよみ:はる)

2019年の名前ランキング29位から2020年は20位へとランクアップした「暖(主なよみ:はる)」。ぬくぬくとしてあたたかい様子を表す「暖」は、2020年の漢字ランキングでも76位にランクインしています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.