子育て情報『「育児が怖い」突然訪れた産後うつの症状と、産後うつになり気づけたこと』

2021年8月19日 20:30

「育児が怖い」突然訪れた産後うつの症状と、産後うつになり気づけたこと

産後うつを経験したママの体験談です。自分では気づけなかった「こだわり」が原因で発症してしまったそう。そして改善に向け、どのように気持ちの安定に繋げていったのかをお話しています。

両親には頼れず夫婦2人で育児に奮闘していた矢先、突如発症した吐き気や手足の震え、湧き上がる恐怖心。心療内科を受診し、産後うつとパニック発作と診断された私。周りの方に助けられ徐々にわかってきた、こころの負担の原因とは? 改善に向けおこなってきたことや、現在の状態などをお話します。

目次

・母乳へのこだわりが産後うつの引き金?
・症状再発、療養。
・話をしたから気づいたこだわり
・周りに頼るという大切さ
・著者:中井ゆき


育児が怖い


育児が怖い


母乳へのこだわりが産後うつの引き金?

私は産前から母乳で育てたいという想いが強かったのですが、産後母乳の出が悪く授乳に加え30分以上搾乳をしており、一度の授乳に1時間以上かかっていました。

夫と協力しつつ家事と育児をこなし、産後2週間が経ったある日、夜中搾乳していると突然めまいと吐き気、「育児が怖い」という感情が湧き上がってきました。しかし、そのときは原因がわからず産院に相談し、授乳中でも服用できる安定剤を処方してもらい症状は落ち着いたのですが……。

症状再発、療養。

産後2カ月経ったころ、不眠と育児への恐怖心が現れました。私は産院から聞いていた、産後ケアサービスを1週間利用することに。しかし産院で療養し退院後、日中子どもと2人でいる恐怖に耐えられずパニックになり、保健師さんに相談し再び産後ケアサービスを利用。そして産院の紹介で心療内科を受診すると、産後うつとパニック発作という診断を受けました。

気持ちを改めたく別の産院も利用したのですが、その産院では退院に向けて義父(義母は亡くなっているため)にも協力を得られないか話をしてくれました。そして2週間後、無事に退院することに。

話をしたから気づいたこだわり

心療内科の先生と話していくなかで、母乳で育てたいという思いが負担になっていること、夫婦2人での育児に限界を感じていたことに私は気づいたのです。子育て経験のある先生からの「ミルクでいいじゃん」というひと言で肩の荷が下りました。 

そして、相談にのってもらっていた保健師さんは「育児にこうしなきゃということはないから。少しでも休むことが大事」だと言い、自分が改めてこだわりでがんじがらめになっていたのだと気づけたのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.