子育て情報『「今ある命を大切にしなきゃ」消えてしまった命を思い涙。母親がある決意をした』

2022年5月17日 13:30

「今ある命を大切にしなきゃ」消えてしまった命を思い涙。母親がある決意をした

第4子を流産し、深い悲しみに包まれていたいくたさん。しかし、「自分を含めて、今ある命を大切に思うこと」が大切だと気付きました。そして、家族の存在に励まされ、日常を取り戻しながら、少しずつ、少しずつ深い傷を癒していきました。

待望の4人目の赤ちゃんを流産してしまったあと、体調が悪化。

皮膚科で「りんご病」と診断され、流産の原因がわかりホッとしたと同時に、自分のせい流産してしまったのではないかと、自己嫌悪で押しつぶされそうになってしまいます。

どん底のいくたさんを励ましてくれたのは……?

母親の決意

「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


「夫を捨てたい。」第40話


母から「私も産んであげられなかった子がいた」と聞いた。

そのとき母が立ち直った方法は「自分を含めて、今ある命を、大切に思うこと」だと言っていた。

そうだ、そうだった。

私にはかわいい子どもたちが3人もいる。

ともに涙を流して悲しんでくれる夫もいる。

家族の存在に励まされ、日常を取り戻しながら、少しずつ、少しずつ深い傷を癒していきました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO

著者:マンガ家・イラストレーター コミックエッセイ作家 いくた はな
3男1女、4人の兄妹の母。コミックエッセイ作家。書籍『夫を捨てたい。/祥伝社』。夫婦関係や子育ての体験談マンガが共感を呼び、Instagramのフォロワーは23万人超!(2021年6月時点)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.