子育て情報『洗濯がラクに! 超時短できて買ってよかった神アイテム』

洗濯がラクに! 超時短できて買ってよかった神アイテム

目次

・たくさんの便利機能
・お手入れがラク
・ガビガビタオルがふんわりタオルに
・意外と電気代の節約にも!?
・著者:大森りさ   
日立の「BD-SX110CL」


今回は、買ってよかった洗濯乾燥機をご紹介します。最初、ドラム式は値段が高いので縦型で考えていましたが、家電量販店で「乾燥機能をよく使用する場合はドラム式が向いていますよ」と教えてもらいました。わが家は夫婦そろって花粉症、梅雨や冬にも使う頻度が高いので、思い切ってドラム式を購入することに。およそ28万円と高価な買い物でしたが、心から買ってよかったと思いました。

たくさんの便利機能

私が買った洗濯乾燥機は日立の「BD-SX110CL」です。洗剤の自動投入機能があり、事前に液体洗剤と柔軟剤を入れておくことで、ボタンひとつで洗濯乾燥まで終えることができます。洗剤を入れる、洗濯物を干す、洗剤を詰め替えなくてよくなります。

夫がこの機能を気に入り、この機種を買うことに決めました。液体洗剤と柔軟剤の入れ違いをしなくてすむことに惹かれたようです。家事に慣れていない人ならではの理由ですね。

お手入れがラク

日立の「BD-SX110CL」 フィルター


ドラム式の場合、使用後の乾燥フィルターのお手入れは必須です。この機種の場合、ワンタッチでできるので手間がかかりません。糸くずフィルターは振るだけでゴミが取れ、どちらも水洗い可能です。

また、AIが洗い方や洗濯時間を自動で調整するので、節水にもなります。汚れの量が多いときは時間を延長してくれるので、うんち漏れしたときの肌着の汚れも落ちました。

もちろん、チャイルドロック機能も付いているので安心。ドアの開閉が好きな息子も、何度引っ張っても開かないとわかり、諦めがついたようです。

ガビガビタオルがふんわりタオルに

私が一番感動したのは、ふんわりとした仕上がり。「風アイロン」という時速約300kmの高速風でシワを伸ばす機能なのですが、アイロンがけをする手間が省けます。そろそろ雑巾にしようかなと思っていたガビガビのタオルが、ふわふわに復活しました。生地が硬くなっていたお下がりの服もやわらかくなり、まだまだ使えそうです。

意外と電気代の節約にも!?

これまで、乾燥が必要なときは浴室の衣類乾燥を使用していました。しかし、これは電気代が高いと言うことが判明! 浴室乾燥の消費電力は洗濯乾燥機より高いのです。

ボタンひとつで洗濯乾燥がすむ上、電気代も抑えられるなんて驚きました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.