子育て情報『【お産の緊急処置】吸引分娩になるときって?!吸引分娩の方法とリスク』

【お産の緊急処置】吸引分娩になるときって?!吸引分娩の方法とリスク

目次

・吸引分娩で使う器具はどのようなもの?
・吸引分娩になるケースって?
・吸引分娩だと、赤ちゃんはどのようにして生まれるの?
・吸引分娩のリスクって?
・関連動画出産ドキュメンタリー(通常分娩)
産まれたばかりの赤ちゃんのイメージ


こんにちは! 助産師のREIKOです。ママの産道を通って赤ちゃんが生まれてくる経腟分娩の過程で、急いで赤ちゃんを出産させなければいけなくなったときの手段として、前回、鉗子分娩についてお話しさせていただきました。

今回は、もう1つの手段である「吸引分娩」について、私が働いていた病院を例にお話ししたいと思います。

吸引分娩で使う器具はどのようなもの?

吸引分娩に用いられる吸引カップのイメージ


吸引分娩の際には、吸引カップという器具を使います。吸引カップには、金属製の金属カップとプラスチック製のソフトカップがあります。それぞれ、さまざまサイズがあり、状況によってどのカップにするのか、サイズはどうするのかを医師が決めて使います。

この吸引カップにチューブと吸引器を接続して使います。ソフトカップのほうが扱いやすいこともあり、私が働いていた病院では、吸引分娩のときにはソフトカップが多く使われていました。

吸引分娩になるケースって?

吸引分娩も鉗子分娩同様、ママの疲労などでお産が進まなくなってしまった、赤ちゃんが降りてくる向きが違っていてお産が進まない、赤ちゃんに苦しいサインが出ているなど、赤ちゃんを急いで出産させなければならないケースで選択されます。

吸引分娩も、子宮口が全開大したあと、吸引分娩が可能な位置まで赤ちゃんが下がってきているなどの条件が必要です。逆子ちゃんや赤ちゃんが向いている方法によっては、吸引分娩ができないことがあります。

吸引分娩だと、赤ちゃんはどのようにして生まれるの?

吸引分娩のイメージ


吸引分娩は簡単にいうと、吸引カップを赤ちゃんの頭に装着し、吸引圧をかけて赤ちゃんを引っ張り出すお産の方法です。

吸引カップを装着する位置や吸引圧によっては、吸引カップが赤ちゃんの頭から外れてしまうことがあります。しかし、吸引をかける時間や回数に関するルールがあり、それを超えると吸引分娩は中止となり、鉗子分娩や帝王切開など、ほかの方法をとる必要が出てきます。 

吸引分娩のリスクって?

吸引分娩による頭血腫(ずけっしゅ)のイメージ


吸引分娩も、吸引カップをママの産道に入れてお産するということもあり、お傷が生じる恐れがあります。しかし、鉗子分娩のときよりは、大きな傷ができるということはあまりなかったように思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.