子育て情報『《我が家の防寒事情》アウター嫌いの息子に買った今年の冬のアウター、&子どもの防寒アイテムいろいろ』

2019年12月7日 14:00

《我が家の防寒事情》アウター嫌いの息子に買った今年の冬のアウター、&子どもの防寒アイテムいろいろ

朝晩ともに冷え込み、季節はすっかり冬。昼間は日差しが出ていても、夕方急に気温が下がったりするので、アウターは必須です。しかし、実はうちの息子は「上着がきらい…」。なかなかアウターを着たがらない、帽子をかぶりたがらない…。でも、そういう子って案外多いみたい!今回は、冬の防寒について考えてみました。

抱っこひも・ベビーカーに防寒アイテムを完備!

肌寒くなってきたなぁ…という秋口頃に活躍しはじめたのが、モダンバーラップのおくるみ。ベビーカーにとりつけておけば日差しやちょっとした雨からも守れるし、急にお昼寝してしまった時にかけてあげていました。

目次

・抱っこひも・ベビーカーに防寒アイテムを完備!
・上着嫌いな息子に着せるもの
・公園では動きやすいベストタイプを
・保育園はコスパ重視、お手入れしやすい素材を
・おでかけ用のアウターは、おしゃれなものを用意


《我が家の防寒事情》アウター嫌いの息子に買った今年の冬のアウター、&子どもの防寒アイテムいろいろ


本格的な寒さが到来する日には毛布素材のカバー(フットマフ)に切り替え。ベビーカー&抱っこひも兼用になっているアイテムをチョイスし、去年から愛用中。子どもとのお出かけって、移動中は寒いけれど、屋内に入ると暖房が効いていて暑い…なんてことがよくあります。足まですっぽり覆う、袋タイプになっているものがオススメで、装着が簡単なものだと、屋内にはいったときにはさっと取れるので便利だと思います。

《我が家の防寒事情》アウター嫌いの息子に買った今年の冬のアウター、&子どもの防寒アイテムいろいろ


モダンバーラップのようなコットンの大判おくるみは、一年中持ち歩いて。洋服の上からくるっと巻いてあげたり、抱っこひもに結びつけて風除けにしたり…。フットマフの下にコットンおくるみを挟むことでなんとなく安心。何かと重宝します♡

上着嫌いな息子に着せるもの

公園では動きやすいベストタイプを

うちの子はかさばるのが大嫌い。去年は、震えているのにアウターを着ることを頑なに拒否されました。そのため、今年から用意したのが厚すぎないベスト。これが正解で、動きやすいからか、今のところちゃんと着てくれています。大きめのスウェットやロンTの上からそのまま着せられて◎。子どもって動いていると案外汗をかくので、極寒の日以外はこのベストでなんとか凌げそうな気もします。

《我が家の防寒事情》アウター嫌いの息子に買った今年の冬のアウター、&子どもの防寒アイテムいろいろ

保育園はコスパ重視、お手入れしやすい素材を

保育園や普段のアウターはガシガシ使いたいから、安さ重視。毎年、ユニクロやH&M、ネクストなどで探しています。ちなみにフードがついているもの引っ掛けたり、お友だちに引っ張られやすかったりして危険なため、うちの保育園では禁止。大手ブランドのベビー&キッズラインではそれも心得ているようで、フード無しのデザインのものも多くでています。毎日のように着るものなので、さっと洗ってすぐ乾く生地を選んで!

おでかけ用のアウターは、おしゃれなものを用意

お出かけ用のアウターも数着欲しいもの。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.