2016年5月5日 23:00|ウーマンエキサイト

実録“無痛分娩”! 選んだ理由から計画分娩になるまで

SARA
ライター
SARA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
高齢出産で仕事をしながらの妊娠生活、里帰りもできない。できることなら出産も産後もラクに乗り切りたい。そのためなら多少費用が掛かっても、やっぱり無痛分娩でしょ! そんなわたしの経験談をお話します。

目次

・無痛分娩を選んだ理由
・無痛分娩をする病院選び
・通院
・予定日よりも2週間前倒しで出産することに


実録! 仕事×妊娠×高齢出産×里帰りなし×無痛分娩 前編

(c) ri。 - Fotolia.com



■無痛分娩を選んだ理由

わたしが妊娠したのは36歳、出産時は37歳でした。勤務地は東京で、実家は関西です。

フルタイムで働き、ウェブ制作のディレクターとして深夜におよぶ撮影や編集作業に追われる日々。零細企業の役員だったため、産前産後の休みはなるべく短く…という状況でした。

高齢出産でハードな仕事をこなしながら、実家も遠い…そんな悪条件がそろったなかでの妊娠出産。

「里帰りはどうしよう? 仕事はいつから休もう?」
「痛いのイヤだー(超こわがり)」
「産前産後の仕事に一番影響しない産み方は!?」

そんなことをあれこれ考えた結果、里帰りはせずに無痛分娩で出産することを選択しました。

決め手は以下のふたつ。

・仕事からなるべく離れたくない
里帰りのためには、余裕を見て予定日の1ヶ月半に産休に入らざるを得ない。産後も1ヶ月は自宅に戻れないので、合計2ヶ月半も戦列を離れてしまう…。

そこで、産前ギリギリまで仕事をし、産後すぐ復帰するには自宅のある東京で産む方がいいと判断。

・とにかく痛みに恐怖心があった
子どものころから陣痛の痛みが恐怖で、妊娠中ずっとおびえてしまいそう。多少コスト高でも、快適なマタニティライフと出産時の体力消耗を少しでも軽く…(高齢出産なので必死!)と期待して無痛分娩に決定。
SARA
SARAの更新通知を受けよう!
確認中
SARA
SARAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SARA
SARAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SARA
SARAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SARA
SARAの更新通知が届きます!
フォロー中
SARA
SARAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.