2017年5月30日 18:30|ウーマンエキサイト

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

田渕正敏
ライター (イラストレーター)
田渕正敏
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

息子が1~3歳までの2年間通った初めての保育園。夫婦揃って内気な僕たちは、保育園でもママさんパパさん達と話す機会を作れずにいた。

そこは1歳児と2歳児だけの保育園で、総勢30名程度。のんびりした雰囲気が漂う場所で好きだった。

1歳クラスの時の子ども達はまだ言葉も多くないので、息子のお友達といってもキャラクターがハッキリとはしなかった。

それが2歳クラスになったある日、いつものように僕が息子を迎えに行くと同じクラスの女の子達が騒いでいた。「ヘンな顔~」「ヘンな顔~」女子の視線は完全に僕の顔面を捉えている。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

2歳も後半に差し掛かかり、他人をおちょくって笑うという程度には言語が発達している子ども達。

標的は僕に限らず迎えに来たパパ達を片っ端から「ヘンな顔~」と牽制して笑っている。

お望み通り軽く変顔を作ってから周りのパパ達に「いやあ、参りましたなあ」的な目配せをする。そんな日をきっかけにして一言二言パパさん達と話が出来るようになった。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

帰宅後、そのつたない会話に十分な手応えを感じて「〇くんパパとしゃべったよ!」と妻に大事件のテンションで報告した。

ちょうど妻も子ども達を通じてママさん達との会話が増え始めたようで嬉しそうにしていた。

2歳児よりも遥かに会話に手こずっている情けない30代。自分には無関係だろうと思っていた「パパ友」「ママ友」というワードが少し身近に感じられたのもこの時期だった。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

少し会話が始まると、だんだん周りのパパさん達に興味が沸いてきた。特に自分と送迎ルートやお迎え時間が近いパパさんとは急速に仲良くなった。

保育園の草むしりがあった日曜日、パパさん達と汗だくになって作業を終えた後のひととき、誰からともなく子どもの話、家庭の話、そして仕事の話まで冷たい麦茶を片手に語り合った。

職業の話になって、お迎えを担当しているパパさん達がライターや出版業など自分に近い業界のお仕事だったことに驚いた。

帰り道、一人のパパさんと話し足りず一緒に僕の自宅前まで自転車で移動して、そのまま1時間ほど立ち話をしてしまった。まるで中学生の部活帰り。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

こうなるともう話題は尽きず、時にはファミレス、または居酒屋で何度もご一緒する仲となった。

パパさん達とご一緒する際は息子達もご一緒で、ファミレスでハムスターのように机の下やソファーの上をはい回る子ども達を無視して「マイホームは購入か賃貸か」の議論を繰り広げたりした。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

Kちゃん(女児)のパパはキャンプに誘ってくれた。野外音楽フェスとキャンプが一体になったイベントだった。

我が家は引っ越して息子の保育園も変わっていたが、それでも変わらず声を掛けてもらえるのは嬉しかった。

Kちゃん一家は年に4~5回はキャンプに行くという。僕たち一家はそのパパさんのお陰で初のテント泊を体験することが出来た。

Kちゃんのパパがフェス会場に移動するため手荷物を出来るだけ減らそうと工夫を凝らす中、Kちゃんは「メルちゃん」という名の人形をとても大事そうに抱きかかえている。

Kパパが「それ、いるかあ…?」とため息を漏らすが、Kちゃんは断固として「メルちゃんを連れて行く」と言う。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

その後、キャンプ場近くの野外フェス会場に到着した僕たち。ライブの爆音が響き渡る中、まさかのタイミングで寝てしまった息子。

ちょうどお昼時の爆睡だったので、仕方なく息子を抱えたままベンチを確保して腰掛け、妻に昼食のそばを買ってきてもらってそのままの姿勢で食べた。

しばらくして息子が起きて、ようやく体が解放されたかと思うと今度はKちゃんが「メルちゃんもお昼寝したいんだって」と言って僕の膝にメルちゃんを丁寧に寝かせた。

その所作はお人形遊びというよりももう一人の友達という雰囲気だったので、とても粗末には扱えず、僕の膝はまたしばらく休憩所として利用された。

パパ友との付き合いが出来るとこうして息子以外の子どもの成長が見られるのもまた面白い。

新しい保育園でも会話のチャンスを虎視眈々と狙っている。

パパ友、ママ友づくりは難航!? 2歳児よりも遥かに会話に手こずる内気な夫婦【下請けパパ日記~家庭に仕事に大興奮~ Vol.17】

つづく
田渕正敏
田渕正敏の更新通知を受けよう!
確認中
田渕正敏
田渕正敏の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
田渕正敏
田渕正敏の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
田渕正敏
田渕正敏をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
田渕正敏
田渕正敏の更新通知が届きます!
フォロー中
田渕正敏
田渕正敏の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.