ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母との関係

2018年4月19日 12:00
 

赤荻瑞穂 ライター
赤荻瑞穂

ウーマンエキサイトで人気連載中のちゅいママさんの記事「『女の子も欲しかった』と思うのは悪いことじゃない。3兄弟の母のホンネ」では、「子どもの性別」について、アンケートを実施しました。子どもの性別に対して、ママたちはどのように思っているのでしょうか。

目次

・生まれてくる子どもの性別に希望はあった?
・ほとんどのママが願うのは無事生まれてくれること
・「女の子が欲しい」理由の陰にある「お母さん」の存在
・女の子希望の真相って、じつはママの将来のため!?
・男の子が欲しいママの理由は?
・男の子を授かったママの心境は?
・跡継ぎ不要→女の子待望ブーム→時代のその先は…?
ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母の関係とは

© tatsushi - stock.adobe.com


■生まれてくる子どもの性別に希望はあった?

一人目とそれ以降に生まれる子どもによって、どちらが欲しいという思いの強さは違ってくるかもしれません。「男の子、女の子どちらが欲しい?(欲しかった?)」というアンケートの問いでは、「女の子」と答えた方が「どちらでもよかった」に比べて2倍近く、さらには「男の子」と答えた方の3倍位以上という数になりました。このことから、圧倒的に「女の子人気」が伺えます。

Q1. 男の子、女の子どちらが欲しい?(欲しかった?)
どちらでもよかった 27%
男の子 16%
女の子 53%
その他 4%

どうしてここまで「女の子が欲しい」と考えるママが多いのでしょうか? そこでは意外な人の存在が大きく関わってくることがわかりました。

■ほとんどのママが願うのは無事生まれてくれること

ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母の関係とは

© Nastassia Yakushevic - stock.adobe.com


「男の子と女の子のどちらが欲しい?」と聞かれて、どちらかの性別を選んだとしても多くのママは、生まれたらどちらでもカワイイと感じるだろうと思います。アンケートからも願った性別とは異なったとしても「生まれてきたら萌え萌えする」「愛おしくてたまらない」といった声が聞かれました。

なかにはこんな爆笑エピソードを教えてくれた人も。
無事に健康で生まれてきてくれたらと思ってたのでどちらでもよかったです。2番目の子のときに、男の子だと医者に言われて、それなりに名前とか準備万端で望んだんですけど・・・。実際生まれてきたときに先生が『あれ? 女の子だ?』って。『ちんちんドコに落としてきちゃったかな~?』なんて冗談が飛び交うなか、私は一人『え・・・男じゃないの? 名前どーしよう・・・』なんてコトを考えたものです。でも、本当に無事に健康で生まれてきてくれたコトが一番うれしかったのでどっちでもOK!

高齢出産だった方、妊娠中に病気になった方など、心配を抱えていたママにとっては、とくに「無事に産まれてくれることだけ願っていた」という気持ちが強くなるのかもしれません。そして望んだ性別ではなかったとしても、ほとんどの方が「めっちゃカワイイ!」と思えているようです。

■「女の子が欲しい」理由の陰にある「お母さん」の存在

ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母の関係とは

© Qiteng T - stock.adobe.com


それでもアンケートからは、圧倒的大差をつけて待望されている女の子。そこはどのような理由があるのでしょうか。ちゅいママさんは、「私が女の子が欲しかったのかというと、理由は『かわいいお洋服を着せてみたい』とか『娘と一緒に買い物に行きたい』とか『大きくなったら娘と友だちのような関係になりたい』などの理由からです。」と話しています。

ちゅいママさん同様に、女の子への憧れ、願望、妄想の意見が多く寄せられました。
私もちゅいママさんと同じで、ひとつの憧れ、という感じでした。大きくなったときに、娘とティータイム♪みたいな。また「もう男って!」っていうときの味方?みたいなのが欲しかったんだと思います。
かわいい洋服を着せたい。大人の服を小さくしたみたいなオシャレな服を着せて、自分とおそろいの格好をさせたい。大きくなってからも友だちのような仲良し親子でいたい。いろんなお話をしたり、ショッピングしたりしたい。そんな妄想でいっぱいだったのですが…。現実は、男の子2人。人生で1番の想定外な出来事です(^^;

お店にはカワイイ洋服があふれ、一緒にオシャレしたい、スイーツ食べたい、温泉行きたいといった「年下の女の子友だち」感覚に憧れるママが多いのかもしれません。
ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母の関係とは

© evgenij918 - stock.adobe.com


また「女の子が欲しい」と答えた方の中で「お母さん」の存在を挙げる人も多くいました。
とにかく昔から感覚的に子どもを授かるなら、女の子が良いという気持ちがずっとあった。自分も母親とはずっと仲良く、しょっちゅういろんなことを話したり、相談していて心強いし、母親も楽しそうにしていたため、女の子だったら結婚しても細く長く仲良くしていられるという経験も大きいかもしれない。

このようにママ自身が母親と仲が良い場合、自然と同じように娘とも長く仲良くできると思っているのかもしれません。
ママが「女の子が欲しい」ワケ。“女の子ブーム”の本音と母の関係とは

© tsuppyinny - stock.adobe.com



新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.