母の「習い事がんばれ」は、子どもを追い詰めないのか?【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.18】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

今回のグラハム子さんの書き下ろしコミックエッセイは、子どものときの習いごとにまつわる切ない思い出について。前後編でお届けします。



あけましておめでとうございます!
今年は大厄年のグラハム子です。ちなみに、夫は私のひとつ年上です。

今回は、私が夫と結婚を決めた理由のひとつを描きたいと思います。それはまだ結婚前、夫(当時はまだ彼氏)とともに、共通の知人たちと食事をしたときでした。

■子どもの習いごとの悩みに知人たちは…

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ
泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

こんな会話を聞きました。本当に、なにげない会話の一部だったと思います。でも、私にはすごく胸に刺さる会話でした。

なぜなら、私自身が昔、A先輩の息子と同じような経験をしたからです。

■“母の希望の習いごと”に自分が向いていないと思ったら

私は幼稚園のころ、とあるスポーツの習いごとを始めました。きっかけは覚えていなくて、気がつけば通っていた感じです。おそらく母の希望だと思います。

最初の数年は疑問を持たず通っていました。母も応援してくれていました。が、小学校2年生のころ、
泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

私は母にそう言いました。理由は、「自分にはその習いごとがあまり向いていない」と気づいたからです。
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.