欲しいプレゼントをお願いしても叶わない…私が幼少期に感じたサンタさんへの絶望【うちの家族、個性の塊です Vol.21】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(3歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

もうすぐクリスマス! ということでわが家の子どもたち(娘8歳、息子3歳)も、サンタさんに何をお願いしようか、プレゼント選びにワクワクしています。

娘は小学生ということもあり、去年から、ゲームソフトをお願いするようになって、プレゼントが安定してきています。

サンタ側も事前入手が必要なため、どのソフトがいいのか探るのに必死です。

■自分の子どもの頃のクリスマスを思い出す

自分の子どもの頃のクリスマスを思い出す
そんな娘の姿を見ていると、自分の子どものときのことを思い出しました。

私が小学生のころ、スーパーファミコンがはやっていました。

友だちや従妹は持っていたので、私も欲しくて仕方がなく、たびたび親にねだっていました。

しかし、母は「わが家には必要ない!」の一点張り。

親にねだることをあきらめた私は、クリスマスプレゼントとして、サンタさんにスーパーファミコンをお願いしました。

クリスマスプレゼントとして、サンタさんにスーパーファミコンをお願いしました
これでやっと手に入る! そう思ったクリスマス当日の朝。

ワクワクしてプレゼントの包みを開けると…

マイク付きラジカセ
届いたのは私の希望とはまったく違う、マイク付きラジカセ…。

「サンタさんはお願いしたものをくれなかった!」と、母に言うと…
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.