2022年5月20日 09:00|ウーマンエキサイト

夫に知られてドキリ…! 私の秘めたる推し活事情【ひなひよ育て ~愛しの二重あご~ 第75話】

“推し”がいる生活って素晴らしいですよね。

「笑わせてくれる推し」「癒してくれる推し」「憧れの推し」etc...推しにも色々ありますが、共通して言えるのは活力源だということ。

私にも何人か推しがいますが、その中で個人的に少し特殊な位置付けなのがこちら。

夫に知られてドキリ…! 私の秘めたる推し活事情【ひなひよ育て ~愛しの二重あご~  第75話】
数年前某ゲーム実況グループにハマり、細々と応援してきました。

特に一昨年、初めての緊急事態宣言で疲れきっていた時には、頭を空っぽにして笑えるこの趣味にかなり救われました。

やましい趣味でもないのになぜ夫に言いづらいのかというと、夫は本当に全く“ゲーム実況というコンテンツを知らない側の人”だからです。

夫も結構なゲーム好きだし色々共通する部分もありますが、ゲーム好きとゲーム実況好きってまた少し違うじゃないですか…?

今はすっかりメジャーになったこのコンテンツも、昔は完全にオタクの嗜みであり日陰の存在でした。

私の中では日陰で楽しんでいた頃の感覚が強いので、そういう世界を知らないタイプである夫に「私ゲーム実況好きなんだ~!」と言うには抵抗があるのです。

なので、誰の目にも触れることなく一人静かに楽しんでいました。

しかしある時、夫と話していると衝撃の一言が…。

夫に知られてドキリ…! 私の秘めたる推し活事情【ひなひよ育て ~愛しの二重あご~  第75話】
ドキーーーーン!!!!

平静を装って「え? うん、たまに見るよ~」みたいな返答をした気がしますが、内心はめちゃくちゃ焦って一人脳内会議を開いていました。

ちなみに“ゲーム実況”という言葉に馴染みが無さすぎて“ゲーム解説”と言っているあたり、この人本当にまっさらなんだなと当時思いました。

それにしても、実況見てるなんてもちろん言ったことがないのになぜ知っている…?

Twitterで何度かそのグループの名前を出したことはありますが、夫はTwitterもやっていなかったはず。

夫にバレた理由がわからないので、何がバレているのかもわからなくて怯えました(笑)
imo-nak
imo-nakの更新通知を受けよう!
確認中
imo-nak
imo-nakの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
imo-nak
imo-nakの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
imo-nak
imo-nakをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
imo-nak
imo-nakの更新通知が届きます!
フォロー中
imo-nak
imo-nakの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.