子育て情報『上野がムリなら成都!親子で行こうパンダづくしの旅』

2017年12月11日 12:29

上野がムリなら成都!親子で行こうパンダづくしの旅

目次

・シャンシャンがいよいよお目見え!だけど…
・パンダの本場へは直行便でどこへ行ってもパンダ推し
・赤ちゃんパンダが32頭も!制限なしで見放題
・いきいきしたパンダの様子が見られて新鮮
・よりディープなパンダ体験ができる施設も
001_001_image1

中に小さいおじさんでも入っているのかもしれない。と思ってしまうほどファニーでキュート!早朝に入園可能だからアクティブな様子が見られる

シャンシャンがいよいよお目見え!だけど…

上野動物園で今年6月に生まれたジャイアントパンダのシャンシャン。ここ半年、シャンシャンブームを巻き起こしていましたが、とうとう12月19日(火)からの一般公開が決まり、この冬は上野動物園へGO!と沸いた家庭も多いのでは。満を持しての登場ではありますが、大変な混雑が予想されるため観覧時間は30分ごとに区切られ、立ち止まって見ることは不可、そればかりかパンダ舎への入場も事前抽選ということに。これまでのフィーバーぶりを振り返ってみれば当然の人気ぶりですが、赤ちゃんのうちに果たして見られるのかしら?なんて不安にもなってしまいます。
ならば本場へ見に行くのはいかがですか?

パンダの本場へは直行便でどこへ行ってもパンダ推し

パンダは生息域が限られており、特に知られているのが中国・四川省の主都、成都です。四川省には野生のパンダが生息していますが、年々数が減っていることもあり、成都には4か所のパンダ保護センターが設置されています。ここでは野生に近い状態でのパンダの様子が見られるとあって、成都きっての人気アクティビティ。日本からも成田、関空、セントレアから直行便で5時間程度と、意外と気軽に行くことができます。
空港に降り立つと、すでにあちこちにパンダが。四川といえば食の都でもあるはずなのですが、とにかくいきなりパンダ推しです。パンダを目的に訪れた人ならば、ここで一気にテンションがあがるはず。
今回拠点としたお宿、「ウォルドルフ・アストリア成都」でもウェルカムスイーツにパンダが鎮座!ニューヨーク発の老舗高級ホテルでもやっぱりパンダ推し。さすがです。

001_001_image1


空港に降り立った瞬間にパンダに歓迎され、すでにウキウキ感が上がりまくり

001_001_image1

ホテルのウェルカムスイーツまでもパンダ!?砂糖でできていますが、食べられません(食べてもいいけど食べる人はいないかも)。下の段にマカロンやチョコレートなどが入っていました
001_001_image1

創業100年以上のニューヨークの老舗ホテルが2017年7月に成都にもオープン。新市街にあり、ショッピングモールにも隣接していて便利なロケーションも魅力

赤ちゃんパンダが32頭も!制限なしで見放題

さて、訪れた「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地 Research Base of Giant Panda Breeding」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.