子育て情報『手軽にアート体験!ティッシュとカラーペンで花火を描こう!』

2018年7月4日 12:29

手軽にアート体験!ティッシュとカラーペンで花火を描こう!

夏の夜空を彩る、華やかで迫力のある打ち上げ花火。大きな音と共に放たれるカラフルな光からは、美しさだけでなく風情も感じることができます。

そんな印象深い「花火」をアートで表現してみませんか。ティッシュペーパーとカラーペンで、綺麗な花火を手軽に描くことができます。幼いお子さんでも負担なく楽しんで取り組めますよ。

目次

・用意するのはティッシュペーパーとカラーペンだけ!
・「花火」を描いてみましょう!


用意するのはティッシュペーパーとカラーペンだけ!

材料は「ティッシュペーパー」と「カラーペン」のみです。

P1660244


「花火」を描いてみましょう!

2枚合わせのティッシュペーパーを剥がし、1枚にします。

P1660245


1枚になったティッシュペーパーを、横長の向きに広げます。

P1660247


縦に半分に折ります。

P1660259


更に横に半分に折ります。

P1660260


更に三角になるように折ります。

P1660261


折ったティッシュペーパーに、カラーペンのペン先をトントンと押し付けて「ドット」を描いていきます。
(机にインクが写らないように、新聞紙などを敷いておきましょう)

P1660262


ティッシュペーパーは薄いので、カラーペンのインクが、折り合わせた下の方(=裏側)まで染み込んでいきます。
染みたインクにより、描いたドットが複写されることで、ティッシュペーパーに模様が作り出されます。

裏側までしっかりとインクが染みていることを確認したら、ティッシュペーパーが破れないように気を付けながら、広げると、ティッシュペーパー一面に綺麗な模様が表れ、花火のようです!

P1660265


ドットでシンプルなラインを描くと…

P1660345


円形の模様になりました。

P1660346
ランダムにドットを描いても、複写されることで「対称」の模様ができます。

P1660347


次々と素敵な作品ができますよ!

P1660362


折った状態のティッシュペーパーに、どのようにドットを描くと綺麗な模様になるのか、広げた後の状態を想定しながら描き込んでもいいですし、何も考えずにランダムに描き込み、偶然作り出された模様を楽しむのもいいですね。

”どんな模様になっているかな”とドキドキワクワクしながらティッシュペーパーを広げ、作り出された模様の美しさを感じ取ることが、この活動の醍醐味!たくさん描いて、オリジナルの花火を思う存分表現しましょう。

<文・写真:フリーランス記者又多実千恵>

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.