子育て情報『利用者増加!ベビーシッターを利用する前に確認しておきいこと』

2018年11月25日 12:30

利用者増加!ベビーシッターを利用する前に確認しておきいこと

目次

・ベビーシッターとは
・いつどうやってベビーシッターを利用する?
・ベビーシッターを利用する前に確認しておこう
ベビーシッター


共働きの家庭が増える中、ベビーシッターを頼む家庭が増加しています。ベビーシッターというと海外のイメージや裕福な家庭が頼むイメージがあるかもしれませんが、実は日本の一般家庭でも雇うケースが増え、それに伴いベビーシッターを派遣する会社も増えています。どんな時にどんな風に頼めばよいのか、金額面や気を付ける点などを知っておくといざという時に役立つかもしれません。

ベビーシッターとは

ベビーシッターは、日程や時間を決めて子どもを預けることができるサービスです。病気の時に預けることが可能な場合もあり、子どもが熱を出すと保育園などに預けることは断られる場合がほとんどですが、それでも出社しなくてはいけない時などに便利です。

保育園などで子どもを預かってもらうのとは異なり、ベビーシッターはシッターが自宅まで来てくれてお世話をしてくれることがほとんどです。家事代行などを一緒に頼むことが出来る場合もあります。ベビーシッターを運営している企業や、中には行政で行っている場合もあります。個人で運営している方を雇う場合もあるでしょう。

いつどうやってベビーシッターを利用する?

ベビーシッター


ベビーシッターを預ける事情は家庭により様々ですが、主な理由は下記の通りです。

・保育園などに預けることができない時

・子どもが病気になった時

・急な予定が入って子どもを連れていくことができない時

・保育園などに預けられる最終時間を過ぎても仕事や用事が終わらない時

子どもを保育園などへシッターが迎えに行き、自宅や習い事先に連れて行って親の帰宅まで面倒を見てもらえることがあるというサービスもあります。

緊急時に利用したい単発利用と、週に一度・月に一度などの決まった期間で利用したい場合の定期利用があります。頼む頻度が多ければ、定期利用の方が安くなる場合がほとんどです。定期利用の場合、必ずとは言えませんが同じシッターさんにお願いすることも出来るので、自宅の説明を毎回する必要がなかったり子どもとの関係も良好にできたりというメリットもあります。

利用料金は、時間ごとの基本料金に加えシッターさんの交通費・家事代行や送迎を頼む際のオプション料金なども別途かかります。シッターさんを派遣している会社に頼む場合は、入会金や年会費などがかかる場合もあります。

ベビーシッターを利用する前に確認しておこう

ベビーシッターは自宅に他人を招き入れ、その間は子どもとシッターだけになる為、不安に感じる方も多いと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.