子育て情報『「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとは』

2019年8月7日 14:00

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとは


親として考えさせられた、娘の友達からの質問

広汎性発達障害の娘は、小学3年生。現在、特別支援学級に在籍し、国語と算数以外の時間を交流学級で同じ3年生のみんなと過ごしています。

娘は幸い、友だちにも恵まれていて、家に遊びに来てくれる子もいます。

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA

クラスの友達が遊びに来てくれた時の話です。

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA

私は正直、ドキッとしました。何と説明すればいいか迷ったのです。

それは、娘の前で聞かれたからではありません。その質問に対する答えと説明が、この子(友達)が成長していく上での価値観に繋がる言葉になるかもしれない…。私の言葉で、偏見を持つようになってほしくない…そう思ったからです。


一瞬迷って、私が出した答えは…

私は一瞬(数秒)だけ迷って、「私があーさんに説明したように言おう!」と決め、話を始めました。

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA


「なんで苦手になっちゃったの?」難しいその質問の答えは…

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA

この質問…一番悩みました。脳の問題…という言葉は、使い方を間違っては大変なので、出すべきではないと思いました。しかし、それを言わずにどうやって、小学3年生にわかるように伝えればいいか…。

おそらく医学的な原因というより、「いつ、どういうきっかけで」ということを伝えればいいかなと考えて…。

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA

娘の友達が全部理解できたかはわかりませんが、今回ちゃんと説明できたことは良かったと思っています。親である私たちが娘を認めているということを、少しでも感じてくれたら…大きな意味があった気がします。


言葉が苦手なことは決して恥ではない

私たちは普段から、娘に「なぜ特別支援学級にいるか」や「娘が苦手な言葉のこと」を隠さず話しています。そのため、娘は大人から特別支援学級や放課後等デイサービスについて尋ねられた時…。

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはの画像

Upload By SAKURA

私が答えるより早く、通っている理由を自信満々に説明しています(笑)

言葉が苦手なことは、悪いことではない、恥じることではないという私たちの思いが、しっかり伝わっているのかなと感じます。


自分らしい個性をいつまでも大切に

娘は言葉以外にも苦手なことが多いですが、「私はすごい!私は私のことが大好き!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.