子育て情報『「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…』

2020年10月28日 14:00

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…


3歳、言葉が少し出るようになったころの癇癪。

今でも記憶に残っている癇癪…今回は3歳のときのお話をしたいと思います。

娘は3歳ごろから、少しずつ言葉が増えていきました。しかし、会話でのコミュニケーションはまだまだ難しく、娘のしたいこと、言いたいことを言葉で探るのは至難の業でした。


GWのお出かけのときのこと...

3歳のGW中のことです。

当時、娘は(髪をとかす)くしのおもちゃがお気に入りで、どこへ行くのにも持ち歩いていました。

この日のお出かけ時も、持って家を出た娘。家を出て、最初にガソリンスタンドへ寄り、その後、何軒かお店に行った後、娘が急に泣き出しました。

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…の画像

Upload By SAKURA

大きな声で、泣き叫ぶ娘。
私たちは娘がなぜ泣いているかわからず、困り果ててしまいました。


癇癪の原因は…

当時、自分がしゃべれる言葉を、精一杯使い、必死に泣き続ける娘。

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…の画像

Upload By SAKURA

その言葉から、くしのことを思い出し、確認してみると、娘が家を出るときに持っていたはずのくしがありませんでした。

私たちは慌てて荷物や車の中を探しましたが、見つかりません。

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…の画像

Upload By SAKURA

3歳当時の娘は、少し言葉が通じるようにはなっていましたが、「いつまであったの?」「どこで落としたの?」という質問には答えられませんでした。

どこで落としたか、見当もつきません。

私は「くしは諦めて…」と言いましたが、聞く耳をもたず…。癇癪を起し、ひたすら叫び、泣き続けていました。

もうこうなったら手が付けられません。私たちは、寄ったお店に戻ることにしました。

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…の画像

Upload By SAKURA

店員さんに落し物がなかったか聞いたり、商品棚の隙間を探したりしましたが、まったく見つかりません。

そして、家を出てから最初に寄った、ガソリンスタンドへ。ここで私は、出発前にごみを捨てていました。
もしかしたら、ごみと一緒に捨ててしまったのかもしれない…

周りの視線を浴びながら、ガソリンスタンドのごみ箱の中を必死に探しましたが、見つかりませんでした。


諦めるしかない…その時…

「お気に入り」をなくして大号泣!でも、「持っていきたい」も発達障害娘のこだわりだから…の画像

Upload By SAKURA

これだけ探してなかったのだ…仕方ない……なーんて、当時の娘には理解できるはずもありません。

探している最中も、癇癪を起している娘のわめき声と、必死になだめている夫の姿が見えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.