子育て情報『夫のさりげない一言で気づいた、みんなの「普通」と発達障害息子の「普通」の間にいる自分』

2021年1月18日 07:00

夫のさりげない一言で気づいた、みんなの「普通」と発達障害息子の「普通」の間にいる自分


集団の中にいるわが子の姿に…?

夫のさりげない一言で気づいた、みんなの「普通」と発達障害息子の「普通」の間にいる自分の画像

Upload By 丸山さとこ

前回にひきつづき、コウが1年生のときの運動会の話です。午後の部で行われたダンスは子ども達が遠くて小さくて、「コウのいる班は…どこ?」と撮るべき場所も分からないままスマホを構えていました。

『やっぱり、小学生にもなると人数が増えるし規模も違うなー。でも、一応ムービーのどこかに入ってるよね!』と思いながらスマホをしまう私に、夫が「コウがどこにいるか分からないなんて初めてじゃない?」と言いました。

一瞬意味が分からず、「え?どこにいるか…?」としばらく考えてから「あぁ…本当だ!そんなこと初めてだね!?」と驚きました。

集団の中にいるコウが見つからないことは初めてで、夫に言われて気づいてからは本当に衝撃を受けたのですが、言われるまでは全く気づきませんでした。

夫のさりげない一言で気づいた、みんなの「普通」と発達障害息子の「普通」の間にいる自分の画像

Upload By 丸山さとこ

”遠くに見える集団ダンスの中でわが子を見つけられない”という出来事があまりに普通のことだったからです。

一方、お昼にコウを呼びに行ったときに見た”1人ポツンと残っている姿”や、”親の呼びかけに応えず、話しかけても興味なさそうにフラっとどこかへ行こうとする姿”もまた私にとっては普通の光景であり、「あぁ、通常運転のコウだなぁ」と感じるものでした。

翌年以降も”集団ダンスをしているコウ”は見つからないようになりましたが、集団行動の中で浮かないようになったかというとそうではなく、むしろ学年が上がる毎に「授業中の何気ない行動」や「雑談中の振舞い」などの違和感は目立つようになっていきました。

クラスメイト達が”高学年らしい振舞い”をする中で1人”幼児~低学年のような振舞い”をするコウは、「普通にしているとき」が一番見つかりやすいのだな…と感じます。

https://h-navi.jp/column/article/35028027
「息子は発達障害なんだな」と改めて思った、運動会での出来事


2つの”普通”と一緒に過ごす毎日

コウと暮らしていく中で、”一般的に言われる普通”と、”コウとの間で起きる普通”の両方が私の中ででき上がっていったのかもしれません。私は、それはそれで良いことなのかもしれないなと感じました。

夫のさりげない一言で気づいた、みんなの「普通」と発達障害息子の「普通」の間にいる自分の画像

Upload By 丸山さとこ

初めての子育てであるということもあったのかもしれませんが、私はある時期まで”コウにとっての普通”だけを基準に「子どもってこんなものなのかな…?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.