子育て情報『五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”』

2019年6月15日 06:23

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


配布されている「オリジナルスケッチノート」は、庭園の楽しみ方を教えてくれて、見て触れて感じたことを書き込めるようになっています。最初にもらってからガーデンを楽しむことをおすすめします。

■ベルナール・ビュフェ美術館

【美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方】
常設のビュフェの絵画とミッフィーがコラボ。ブルーナの絵本、『うさこちゃん  びじゅつかんへいく』の内容に沿って、ビュフェの絵を見ていきます。こちらでも、鑑賞シート「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」を配布しているので、シートを見ながら鑑賞を楽しむことができます。

または、最初は何も情報なしで好きな絵だけを見て、その後もう一度鑑賞シートのアドバイスを活用して鑑賞し直してみるのもおもしろいかもしれません。シートがなくても、ところどころでミッフィーが鑑賞のアドバイスをしてくれたり、ミッフィーの感想が書いてあったりするので、それだけでも楽しめますよ。

独特の世界観を持つビュフェの絵は、子どもたちの想像力を掻き立てるに違いありません。また、後半にはブルーナの作品展示や絵本コーナーもあります。ブルーナとビュフェの違いを感じられるのも興味深いですよね。

こちらにも、自由参加のワークショップコーナーがあります。「いろがみワーク」では、ブルーナが色を決めるときに用いた方法を体験できたり、「みみmiミッフィー」では、ミッフィーの耳を作ってかぶってミッフィーに変身することも!そのまま美術館を探索できるなど、子どもが飽きずに楽しめるイベントも充実!アートをとても身近に感じることができそうです。

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”
五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


[ビュフェこども美術館]
鑑賞中、ひと息入れたくなったら、ぜひ「ビュフェこども美術館」へ。ビュフェ作品のパズルや、作品の人物になりきる “ヘンシンコーナー” 、木をふんだんに使ったスペースでのびのびと気兼ねなく過ごすことができます。お父さん、お母さんもちょっとひと息つけるスペースです。

自然豊かな土地に、心と五感が解放されるこんな場所はなかなかありません。長泉町は子どもの多い町ということで、“子どもと美術が出会う場所” として、この美術館が作られたそうです。ぜひ親子で訪れてみてくださいね。

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”

写真提供/クレマチスの丘
五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”

写真提供/クレマチスの丘

『クレマチスの丘』
静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
開館時間:
1月    10:00~16:30
2・3月  10:00~17:00
4・5・6・7・8月  10:00~18:00
9・10月   10:00~17:00
11・12月    10:00~16:30
※各館共通です(入館は閉館30分前まで)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.