子育て情報『子どもの質問には完璧に答える必要なし!? 「なんで?」責めの上手な対処法』

2019年7月20日 06:53

子どもの質問には完璧に答える必要なし!? 「なんで?」責めの上手な対処法

目次

・なんで質問ばかりするの?
・子どもの質問には完璧に答えなくてもいい!
・子どもの質問への回答
子どもの質問には完璧に答える必要なし!? 「なんで?」責めの上手な対処法

子どもが言葉を覚えて会話ができるようになると、やがて「なんで?」「どうして?」と質問ばかりする時期がやってきます。そんなとき、「毎回同じ質問ばかりされてうんざりしてしまう」「突拍子もない質問ばかりしてきて、どう答えていいのかわからない」と感じてしまう親御さんも少なくないはず。

今回は、子どもが質問ばかりする理由や、子どもの質問への対処法についてご紹介します。

なんで質問ばかりするの?

2~6歳頃の子どもは、「なぜ○○なの?」「どうして□□は△△になるの?」などと、事あるごとに質問をするようになります。

この時期は、心理学で「質問期」と呼ばれています。「子どもの知的好奇心が最も伸びるタイミング」だと言われているのだそう。神戸常盤大学こども教育学科准教授の小﨑恭弘氏は、子どもが質問ばかりする理由について、次のように述べています。


1歳頃の歩き始めたばかりの子どもが、歩くこと自体が楽しくてずっと歩いているように、2~3歳の子どもでは「なんで?」という「言葉を使えること」が楽しいんです。
言葉が使える楽しさを満たしてあげるといいと思います。

(引用元:NHKエデュケーショナル|どう答える?子どもからの質問「なんで?なんで?」)

ところで、発明王エジソンが、人一倍好奇心の強い子どもだったというのは有名な話ですよね。幼少期の彼は、疑問が生まれるたびに「なぜ?」「どうして?」と誰彼かまわず質問責めにしていたため、彼の顔を見ると大人たちが逃げ出すほどだったとか。そんななか、彼を尊重し、寄り添っていたのは、彼の母親でした。母親が彼の好奇心に磨きをかけ、のちの発明王を育てあげたといっても過言ではないでしょう。

子どもは質問期を終えると、一気に質問をしなくなります。質問期は、子どもの知的好奇心を育む大切な時期なのです。この時期に、上手に応じてあげることで、知的好奇心や学習意欲をグングン伸ばすことができますよ。

子どもの質問02


子どもの質問には完璧に答えなくてもいい!

しかし、質問期の子どもが毎日のように「なんで?」「どうして?」と聞いてくることに対して、「正しい答えがわからない」「同じような質問ばかりされてついイライラしてしまう」とストレスを感じてしまう親御さんも多いことでしょう。家事や仕事に追われるなか、何度も質問責めにされてしまうと、「あとにして!」と言いたくなってしまうかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.