くらし情報『篠田麻里子、コロナ禍での出産・育児「楽しむより不安が大きかった」』

2020年11月25日 15:03

篠田麻里子、コロナ禍での出産・育児「楽しむより不安が大きかった」

篠田麻里子、コロナ禍での出産・育児「楽しむより不安が大きかった」

元AKB48で女優の篠田麻里子が25日、都内で行われた「第13回ペアレンティングアワード」授賞式に登壇した。

同アワードは、人気育児雑誌が出版社の垣根を越えて集い、 2020年に育児業界に影響を与えたタレントや文化人、ヒット商品や出来事などを表彰するもの。

ヒト部門(ママ部門)を受賞した篠田は、昨年2月に一般男性と結婚し、今年3月末に第1子となる女児を出産。「素敵な賞をいただきうれしく思っています」と喜んだ。

そして、「3月末にコロナ禍での出産だったので、育児を楽しむというよりも不安のほうがすごく大きくて、やっと今、生後7カ月になって自分のペースがつかめてきたと思っています」と振り返り、「成長がすごく楽しいので、これからも子供とともにマイペースに楽しんでいけたらいいなと思います」と語った。

ヒト部門では、篠田のほか、MIYAVI(パパ部門)、中田翔(スポーツ部門)、アレクサンダー&川崎希(カップル部門)、エハラマサヒロ(ファミリー部門)、横澤夏子(ママ部門)、つむパパ(インフルエンサー部門)、井桁容子(文化人部門)、河瀬直美(文化人部門)が選出された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.