子育て情報『ドコまで許される? 子どものしつけに「体罰」は必要なのか』

2016年3月30日 19:00

ドコまで許される? 子どものしつけに「体罰」は必要なのか

ドコまで許される? 子どものしつけに「体罰」は必要なのか

2016年に相模原市で起こった、中学2年生の男子生徒が両親の虐待を苦に自殺するという事件。

原因には児童相談所が助けを求めた少年の保護を見送ったことなどもあり、悲しい結末を迎えることとなりました。

少年の母親は手を出したことは認めつつも、「虐待ではない」と答えるなど、 しつけのための体罰に関して線引きは難しいものがあるようです。

学校や家庭での子どもへの体罰が問題になるたびに、“しつけとしての体罰 ”の是非が問われますが、未だこのような事件がなくなることはありません。

そこで今回、パピマミ読者のみなさまに「子どものしつけに体罰は必要だと思いますか?」という質問を行ってみました。

あなたはどの考えに賛同しますか?

●子どものしつけに体罰は必要だと思いますか?

・1位:一切必要ない……47%(156人)
・2位:愛情を持って行えばよい……25%(83人)
・3位:口で言っても聞かないときにはよい……21%(71人)
・4位:怪我を負わせなければよい……5%(15人)
・5位:絶対に必要……3%(9人)

※有効回答者数:333人/集計期間:2016年3月24日〜2016年3月28日(パピマミ調べ)

●大多数が「一切必要ない」と回答するも、過半数は超えず

最も多かったのは『一切必要ない』という回答で、47%(156人)でした。

『「必要なときもあるのでは」という気持ちもあるが、どこからどこまでを良しとするか線引きが難しい以上、全てを禁止するというのが筋ではないかと思います。問題が起きてからでは遅いので、一切不要というスタンスで子育てに当たるべきでしょう』(40代パパ)

『殴って分からせるなんてしつけとは言えない。教える力に乏しいから暴力に訴えるのであって、「言っても聞かないから体罰で」というのは言い訳だと思います』(30代ママ)

一見、体罰を否定する人が多いようにも見えますが、それ以外の選択肢が体罰を認める回答であることを考えると、“体罰が必要だと考える人の方が多い ”という結果に。

一口に体罰と言っても、お互いの関係性や状況によってその受け止め方は変わるものです。

しかし、あいまいな表現しかできず一線を越えてしまう可能性がゼロではない以上、体罰を一切禁止するという考え方にならざるを得ない気もします。特に、加減が分からずにやりすぎてしまったという印象を抱いてしまう事件も多く、一定のルールを決めるか一切禁止にするか 明確なルールが必要なのではないでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.