子育て情報『宿題しない原因はママ!? 子どもの“やる気”を奪う親のNG対応12選』

宿題しない原因はママ!? 子どもの“やる気”を奪う親のNG対応12選

2016年4月23日 21:00
 

宿題しない原因はママ!? 子どもの“やる気”を奪う親のNG対応12選

こんにちは。ママライターのamuです。

子どものころ親にされて嫌だったはずなのに、ついわが子に同じことをしてしまっていることってありませんか?ガミガミ、決めつけ、お節介……。

人は、欲求や価値観が対立したときに、お決まりの12の対応で相手の行動を変えようとしてしまいがちだそうです。だけど、それは抵抗や反発を生んでしまうとか……。

普段してしまっていることが、逆効果だと知ることも、親子のより良い関係への近道なのかもしれません。

以下に、宿題をしないときの12の対応パターンと、子どもがそのときどう思いがちかをまとめてみました。

●子どもがやる気をなくす親のNG対応12パターン

●(1)命令、指示

「これの解き方はこうだよ、さっさとやってしまいなさい」

親の私たちにとっては簡単に見えるので、このようについ口を出してしまいます。
→子どもの気持ち:(もう、聞きたくない、何を言ってもムダ )

●(2)脅迫、警告

「宿題をしないと怒るよ!どんどん頭が悪くなるよ」「はい!5、4、3、2、1!!」

昔コギャル語にあった、MK5(マジでキレる5秒前)ってやつですね。
→子どもの気持ち:(こわい、押しつけてきて嫌だなぁ )

●(3)説教、義務付け

「宿題をするのは、みんながしてる当たり前のことでしょ?勉強することが仕事でしょ」

一般論を振りかざすこと、よくあります。
→子どもの気持ち:(うるさい! )

●(4)提案、助言、忠告

「もっと上手に時間を使えるように、帰ってきたらすぐ片付けるとか、きちんと計画を立てなさい」

「ママもご飯を食べたらすぐ洗い物したら?」と言われたら困るなぁと思いつつ。
→子どもの気持ち:(わかっているけど、できないんだよ 。イライラする)

●(5)論理による説得

「寝る時間まで、もう2時間しかないんだよ。お風呂に30分入っていたら残りはどれだけ?よく考えて」

逆算や時間配分が苦手な子は多いようです。
→子どもの気持ち:(そうだよな……。なんでできないんだろう…… )

●(6)批判、非難

「ノロノロしてるからでしょ!どうしてそんなに怠け者なの?どうして毎日のことなのにできないの?」
なんで?どうして?は、ママがよく使うワード
→子どもの気持ち:(できない自分はダメなんだ )

●(7)悪口、侮辱、はずかしめる

「全く成長しないのね、小さい子でもできることができなくて恥ずかしくないの?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.