子育て情報『失敗で乳がんリスクUP!? 助産師が教える正しい“断乳”の方法と注意点』

2016年8月13日 20:00

失敗で乳がんリスクUP!? 助産師が教える正しい“断乳”の方法と注意点

失敗で乳がんリスクUP!? 助産師が教える正しい“断乳”の方法と注意点

【ママからのご相談】
現在1歳1か月の娘がいます。そろそろ断乳を考えているのですが、どうやっていいのか分かりません。方法やポイントを教えてください。

●A. 最初の3日はとにかく我慢。理想はプロにしぼってもらうこと。

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターのmomoです。

つい先日、筆者も断乳したばかりです。寂しさもありますが、断乳すると一気に子どもが成長した気がしますよね。

今回は都内の母乳外来に勤める30代女性助産師さんに話を聞いてきましたのでご紹介します。

●基本の断乳方法

まず基本の断乳方法とはどんなものなのか?助産師さんに話を伺いました。

『理想としては、だんだん回数を減らしていくこと。断乳時に胸の張りを少しでもおさえることができますし、子どもの負担も減ってきます。断乳すると決めた日から3日はとにかく母乳を与えず我慢します。

胸の張りがひどくて痛くて仕方がないときは、圧を抜く程度(おちょこ1杯分くらい)搾乳してもOKです。

3日目になったら8割程度搾乳します。全部スッキリするまでしぼってしまうと張り返しがきてまた母乳がつくられてしまうので、「少し残っているな」と思う程度でやめましょう 。

次は3日目から1週間後。ここですべてしぼります。スッキリできるようでしたら断乳終了です。まだ胸が張るような感じがありましたら、さらに1週間後にしぼりきりましょう。ほとんどの人はここで終了するはずです』

最初の3日間はママも胸が張ってとにかく痛くてつらいですし、子どもも慣れなくて大変でしょう。でもここを乗り切れば楽になってきます。

パパや周りの人にも協力してもらって最初の3日をどうにか乗り切りましょう!

●ホルモンバランスが崩れて、つわりが復活!?

断乳するということはママの体にとっても大きな変化が訪れるようです。助産師さんによると、

『断乳すると体がリセットされ、生理が再開している人はリズムが崩れることがあります。不正出血のようなものがあったり、周期的にこなくなったりします。1〜3か月程度は様子を見てみましょう。ホルモンバランスが大きく崩れるため、断乳後1〜2週間の間、つわりのような症状が出る人もいます 。
頭痛、吐き気、イライラなどがあるときは断乳の影響かもしれないということを頭に入れておきましょう。高齢で出産された人は急に断乳すると、その後プチ更年期のようなものに突入してしまう人もいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.