子育て情報『ハイセンスジャパンは、コロナ禍で運営が困難となっている全国の「こども食堂」を支援するため「応援プロジェクト」を始動』

2022年1月26日 11:00

ハイセンスジャパンは、コロナ禍で運営が困難となっている全国の「こども食堂」を支援するため「応援プロジェクト」を始動

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、昨年夏より、中四国地区・九州地区で試験展開したこども食堂への支援を、このたび全国展開することとし「全国こども食堂応援プロジェクト」として始動いたします。1月に関西地区で始動し7月の北海道東北での実施までで、昨年の試験展開と併せ、全国展開を完了させます。
全国のこども食堂を支援する認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(以下、むすびえ)の調査によると、2021年12月時点では、こども食堂は全国で6,000か所を超える数が確認されています。コロナ禍中での調査で9割は「コロナ禍で運営が困難になった」と回答されています。さらにハイセンスジャパンでは、むすびえにヒアリングし、こども食堂の課題の一つとして「冷蔵庫の容量」があることが分かりました。冷蔵庫を買い足す経済的余裕がなく、食材を多く保存したくても現有の冷蔵庫だけでしか運用できない。「もう一台冷蔵庫があれば食材を多く確保でき、ひとりでも多くのこども達へ食料支援できる」。その課題に弊社として向き合うことから、このプロジェクトの企画がスタートしました。

ハイセンスジャパンは、コロナ禍で運営が困難となっている全国の「こども食堂」を支援するため「応援プロジェクト」を始動

こども食堂応援の仕組み

■地域で尽力される「こども食堂」へ、ハイセンスの冷蔵庫を数百台※寄贈
むすびえと協働で、こども食堂へハイセンスの冷蔵庫などを寄贈する「全国こども食堂応援プロジェクト」。これは、むすびえのネットワークから地区ごとに冷蔵庫寄贈の希望を募り、ハイセンスより製品を寄贈するプロジェクトです。
2022年は、1月に関西地区、3月に中部北陸地区、5月に関東地区、7月に北海道東北地区での展開を予定しています。募集告知は、むすびえにて実施して頂きます。年間では、数百台※の寄贈を目標としています(※こども食堂からの応募状況ならびに弊社の生産準備状況による)。
■ハイセンスのSDGs活動はこちら:https://www.hisense.co.jp/csr_sdgs/

■中四国・九州地区のこども食堂からの感謝の声
試験展開をした中四国、九州地区のこども食堂では、このプロジェクトに力を得て「地域での活動にさらに尽力をする」というお声を多数頂いています。一部をご紹介致します。

●広島県・三次いしだたみ子ども食堂様よりお写真・コメントのご提供
「この度は、当方こども食堂に貴社の冷凍冷蔵庫をご寄贈いただきありがとうございます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.