子育て情報『ポプラ社が提供する本と学びのプラットフォーム『MottoSokka!』にて新たな「こどもの学び」体験の創出に向けたDXを支援』

2022年5月16日 10:00

ポプラ社が提供する本と学びのプラットフォーム『MottoSokka!』にて新たな「こどもの学び」体験の創出に向けたDXを支援

テックファーム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 千原信悟、以下:テックファーム)は、株式会社ポプラ社(東京都千代田区、代表取締役社長 千葉 均、以下:ポプラ社)が本年4月よりサービスを提供開始した小・中・高等学校向け<本と学びのプラットフォーム>『MottoSokka!(もっとそっか!)』における電子書籍読み放題サブスクリプションサービス『Yomokka!(よもっか!)』と、調べ学習応援サービス『Sagasokka!(さがそっか!)』にて、事業構想段階からサービス設計、開発、運用保守業務までを一貫してDXを支援しました。今後も、ポプラ社がデジタル技術を活用して推進する、こどもたちが自律的に探究心を高める仕組みとしてのプラットフォームによる学びの革新を支援します。

ポプラ社が提供する本と学びのプラットフォーム『MottoSokka!』にて新たな「こどもの学び」体験の創出に向けたDXを支援


■ デジタル活用による新たな「こどもの学び」体験の創出を支援
ポプラ社は、文部科学省の推進するGIGAスクール構想など学習現場の急速なデジタル化に対応し、2021年度より新たにこどもの学び事業「こどもっとラボ」を立ち上げ、<本と学びのプラットフォーム>『MottoSokka!(もっとそっか!)』のサービスにて教育ICT分野に本格参入しました。テックファームは、サービスの構想段階から参画し、電子書籍が読み放題となるサブスクリプションサービス『Yomokka!(よもっか!)』と、調べ学習応援サービス『Sagasokka!(さがそっか!)』の構築において、サービスの設計からシステムの要件定義、開発、運用保守までを一貫してサポートしました。
システム開発においては、ユーザーであるこどもたちの好奇心を育み自発的な学びの循環をサポートするために、感覚的に使えるUI/UXデザインや楽しみながら学びを深められる機能を設け、ウォーターフォール型とアジャイル型を組み合わせたスピード開発を行いました。
今後のサービス追加や改善においても、ポプラ社が推進するこどもたちの好奇心や探究心を育む良質なデジタルコンテンツを提供する教育ICT事業におけるDXを支援することで、デジタル活用による新たな「こどもの学び」体験の創出を共に推進します。

(参考情報)
・『Sagasokka!(さがそっか!)』開発
https://www.techfirm.co.jp/cod/sagasokka・『Yomokka!(よもっか!)』開発
https://www.techfirm.co.jp/cod/poplarsha-yomokka.html

■ サービスの概要
ポプラ社では、こどもたちに新たな興味の発芽を促し、ひとりひとりが自分の関心に沿った「読書体験」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.