くらし情報『ユナク出演作、日本版主題歌は「超新星」が担当!「メンバーにも感謝」』

2015年10月19日 20:15

ユナク出演作、日本版主題歌は「超新星」が担当!「メンバーにも感謝」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


俳優として映画やテレビドラマで活躍し、日本でも人気の高いノ・ミヌと、「超新星」のリーダー・ユナクがタッグを組んだ「私の残念な彼氏」が日本版として11月2日(月)より放送が開始される。この度、日本版の新たなオリジナル主題歌をユナクさんが所属する「超新星」が担当することが決定した。

一見どこかのお嬢様に見えるジナ(ヤン・ジンソン)。実はど田舎出身で、全身を偽物で固めたコンプレックスの塊。お金も学歴もないが、上昇志向の強い彼女は、大手広告会社のインターン社員の採用試験を受ける。なんとか最終面接まで残り、気合を入れて面接会場に向かうジナ。そこで出会ったのは、うわさのユン・テウン(ノ・ミヌ)。超絶イケメンだが、純粋過ぎてどこか惜しい“残念”な男。テウンを見て一目で恋に落ちる女性が続出するが、彼は、お花、肥料、ペットの虫等々にしか興味がない。ジナは、早速“残念君”のペースに巻き込まれ、人生がかかった面接で面接官のヒチョル(ユナク)に落とされそうになるが…。

これまでクールなイケメンを演じてきたノ・ミヌさんが超絶イケメンなのに中身がどこか惜しい“残念君”ユン・テウンを、外見も性格もよく仕事もできる“すべてが完璧な男”カン・ヒチョルを本作が連ドラ初出演となるユナクさんが熱演する本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.