くらし情報『大阪府・千日前で昭和30年代~40年代のミナミを写真でめぐる展示を開催』

2014年7月29日 18:51

大阪府・千日前で昭和30年代~40年代のミナミを写真でめぐる展示を開催

大阪府・千日前で昭和30年代~40年代のミナミを写真でめぐる展示を開催
なんばオリエンタルホテルはこのほど、関西大学大阪都市遺産研究センターとの共催で、写真展「牧村史陽の写真でめぐるミナミ~道頓堀・千日前の風景~」を開催している。

○"高度経済成長に流れゆく大阪の街並み"の写真展

牧村氏は、大阪の郷土史家。「大阪ことば辞典」(講談社、昭和54年)の著者として知られている。大阪の都市景観の変遷について調査・研究を行う同センターが所蔵する「牧村史陽旧蔵写真」には、昭和30年代から40年代にかけての大阪の姿が多く記録されている。

開催は、9月9日まで。時間は7時から24時。会場は、同ホテル3階の「五感ギャラリー」と、1階から3階の各スペース(大阪府大阪市中央区千日前2-8-17)。入場は無料。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.